野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2014年に飛躍を期待したいプレーヤー 巨人・辻東倫

巨人の辻東倫(つじ・はるとも)内野手(19)の評価が高い。来年、高卒2年目を迎える右投左打のスラッガータイプのバッターである。

巨人

高校通算35本塁打の長打力

 巨人の辻東倫(つじ・はるとも)内野手(19)の評価が高い。来年、高卒2年目を迎える右投左打のスラッガータイプのバッターである。

 強肩を生かすため、ポジションはショート。坂本勇人に次ぐ遊撃手として期待されている。右足を高く上げてタイミングを取り、広角に打てる様は、先輩の高橋由伸に通じるところがある。このオフは、その高橋にお願いをして自主トレーニングで野球の技術を学ぶという。

 三重・菰野(こもの)高校から2012年ドラフト3位で入団した。高校通算は35本塁打を放った。プロ1年目は怪我などもあり、理想通りとはいかなかった。まだまだ未完成の選手であるため、2014年にいきなり大ブレークとはいかないだろう。とはいえ、近い将来の巨人の主軸を担う可能性は十分だ。

 1軍未出場にも関わらず背番号が93番から65番に若く変更になったことからも、球団の期待の高さがうかがえる。2014年では初の1軍のチャンスをつかみ、ブレークのきっかけにしてもらいたい。それだけの素質は持っている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング