野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 今後の偉業達成は去就次第? トレード報道に揺れるイチローの最良の未来とは

今後の偉業達成は去就次第? トレード報道に揺れるイチローの最良の未来とは

運命の分かれ道となるのだろうか。ヤンキースのイチロー外野手(40)にトレードの噂が絶えない。日米両国の報道を見ると、すでに複数のチームが移籍先の候補に浮上しているが、成立には至っていない。

3000

このまま開幕すれば出場機会は限定的に

 運命の分かれ道となるのだろうか。ヤンキースのイチロー外野手(40)にトレードの噂が絶えない。日米両国の報道を見ると、すでに複数のチームが移籍先の候補に浮上しているが、成立には至っていない。イチロー自身の希望も明らかになっておらず、去就は不透明なままだ。

 このままヤンキースに残れば、メジャー通算3000本、日米通算でのピート・ローズ超えなど、安打記録の偉業達成に黄信号がともる。一方で、イチローほどの実力者が志半ばで名門球団を去ることには、寂しさもある。それぞれの選択肢には、どんなメリット、デメリットがあるのだろうか。

 まずは、現在のイチローが置かれている立場をまとめてみたい。ヤンキースは今オフ、積極的な補強を続けてきた。特に、外野手の獲得には大金をかけ、ジャコビー・エルズベリー(レッドソックスFA)と7年1億5300万ドル(約160億6600万円)、カルロス・ベルトラン(カージナルスFA)と3年4500万ドル(約47億2600万円)で契約。地元紙などでは、この2人とブレット・ガードナーで外野のスタメンを形成し、アルフォンソ・ソリアーノがDHに回るとの予想が多い。しかし、ベテランのデレク・ジーター、マーク・テシェーラらは負傷がちで、DHはローテーションで使われる可能性も十分ある。つまり、ソリアーノも定期的に守備に就くため、イチローは外野手で5番手という位置付けになる。

 このまま開幕すれば、出場機会はかなり限定的となる。スタメンに名を連ねる回数は極端に減り、試合終盤での守備固めという役割が主になるはずだ。となると、2つの偉業、残り258本に迫っているメジャー通算3000本安打と、同じく236本を残す日米通算安打でのピート・ローズ(4256本)超えが遠のいてしまう。

 2010年に214安打を記録してから、イチローの年間安打数は下降線をたどっている。2011年は184本、2012年は178本、そして昨年は自己最悪の136本に終わった。特に昨年は不可解な起用法もあり、出場機会の減少に苦しんだが、今季はより出番が減る可能性が高いとあって、安打数がさらに伸び悩むことが考えられる。

 仮に昨年と同じペースを維持できたとしても、2つの記録までは2年近くを要することになる。全盛期には1年で到達することも可能と思えた数字が、非常に困難なものになっている。と同時に、これまでイチローがいかにとんでもないペースで安打を積み重ね、偉大な記録に迫ってきたかが改めて分かる。

人気記事ランキング