野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 元チームメートが語る「タナカ像」 マー君の成功は間違いなし!?

元チームメートが語る「タナカ像」 マー君の成功は間違いなし!?

米国では田中将大投手の素顔についてはまだまだ知られていない部分が多い。その「謎」を解明するため、昨季限りで楽天を退団したダレル・ラズナー投手が米CBSスポーツ電子版のロングインタビューに応じている。

楽天 スタジアム

元楽天・ラズナーが語る田中将大

 楽天からポスティングされた田中将大投手(25)の去就に米国内でも注目が集まっているが、その素顔についてはまだまだ知られていない部分が多い。その「謎」を解明するため、昨季限りで楽天を退団したダレル・ラズナー投手(32)が米CBSスポーツ電子版のロングインタビューに応じている。

 ラズナーは2006~2008年にヤンキースに所属し、メジャーで9勝を挙げている。その後、2009年に楽天に入団。先発や抑えとして活躍したが、昨年途中に右肘を痛めて母国での手術に踏み切り、オフに自由契約となった。

 真面目な人柄でナインからの人望は厚く、5年間共にプレーした田中からも一目を置かれていた。そして、ラズナーへのインタビューを行っているのは、ヤンキース担当を13年間務めるスウィーニー・マーティ記者。名門球団は田中獲得に本腰を入れているだけに、質問も次第に熱を帯び、旧知の仲である右腕から極上のエピソードを引き出している。

 米国で報じられている話は真実なのか。そして、実力は本物なのか。同じ投手として田中を間近で見てきた男が語る内容は実に興味深い。

 まずは昨年の活躍について。

「彼は最高だった。表現する言葉が見つからないくらいにね。見ていて本当に楽しかったよ。彼は特別な男だ。いい投手というのは特別なギアを持っている。ピンチになると、そのギアを上げるんだ。そして、私は彼の精神的な強さも見てきた。彼はブルドッグだね」

 特別なギアとは何なのか。マーティ記者は「スピードが3~4マイル(4.8~6.4キロ)上がるということか?」と聞いたが、ラズナーから見ると、田中の実力はそんな想像を遙かに超えるようだ。

「いや、10マイル(約16キロ)くらいだよ! 88~89マイル(約141~143キロ)で投げていたのに、98~99マイル(約156~158キロ)まで上がるんだ。去年、実際にそういうことがあった。その時の彼はすでに140球を投げていたんだけど、三振が必要な時に、90マイル(約145キロ)だった直球が98~99マイルになって、三振を獲ったんだ」

人気記事ランキング