野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

果たしてユーキリスは? 昨季、楽天の助っ人が活躍できた要因とは

今季、楽天イーグルスにメジャー150発を誇る大物助っ人が加入する。ケビン・ユーキリス内野手。07年にはレッドソックスでワールドシリーズ制覇も経験しており、新天地の楽天でも大きな期待を寄せられている。

楽天 スタジアム

期待を寄せられる大物助っ人

 今季、楽天イーグルスにメジャー150発を誇る大物助っ人が加入する。ケビン・ユーキリス内野手。1979年3月生まれの34歳で、01年のドラフト8巡目でレッドソックスに指名されて以降、ホワイトソックス、ヤンキースと渡り歩いてきた。3度のオールスター出場を誇り、ゴールデングローブ賞も獲得。07年にはレッドソックスでワールドシリーズ制覇も経験しており、新天地の楽天でも大きな期待を寄せられている。

 果たしてユーキリスは日本で活躍できるのか。野球解説者の松本匡史氏は、外国人選手が日本で成功を収めるための条件として、いかに日本人投手のボールを見極められるかを挙げる。つまり、選球眼の良さだ。

「日本のピッチャーはコントロールがいいので、外国人の選手はボール球に手を出してしまうことが多い。その対応が難しくなると思います。たとえば、ジョーンズにしてもマギーにしても、しっかりボールを見ることができていたのが良かった」

 松本氏が例に出す楽天の助っ人コンビは昨季、入団1年目ながらチームの日本一奪取に大きく貢献。マギー(31)は打率.292、28本塁打、93打点、ジョーンズ(36)は打率.243、26本塁打、94打点と好成績を収めた。その裏には、彼らの日本プロ野球に対する真摯な姿勢が影響していたと松本氏は分析する。

「2人は僕の知っている外国人にはあまりいないタイプだった。外国人選手はけっこう積極的に打ってくるバッターが多いし、多少ボール球でも打ちにいく。でも、マギーとジョーズは違いました。キャンプ中から必ず2人で話をしていました。オープン戦で打てなくても、ボールを見るということをやっていた。そのピッチャーがどういう球を投げるのか、打ちにいかないで最後の最後まで見る。それはすごいなと思いました。

 まずストライクゾーンを知るということが大事。向こうの審判と日本の審判では違いますからね。2人はシーズン中も打席が終わったらベンチで必ず話をしてチェックをしていたし、それが良かったのだと思います。シーズン後半、マギーがちょっと落ちてきたのは、打ちたいという気持ちが強くてボールに手を出したから。そこをきちっとやれていればそんなに崩れないと思う」

人気記事ランキング