野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 【米国はこう見ている】田中将大の高額契約で再評価されるダルビッシュ 「有はなんてお買い得だったんだ!」

【米国はこう見ている】田中将大の高額契約で再評価されるダルビッシュ 「有はなんてお買い得だったんだ!」

ヤンキースと7年契約1億5500万ドル(約161億2000万円)で契約合意に至った田中将大投手の契約金のあまりの高さから、レンジャーズが獲得したダルビッシュ有投手がいかにお得な物件だったかという特集をESPNダラス版が報じた。

ダルビッシュはグルーポンの掘り出し物

 ヤンキースと7年契約1億5500万ドル(約161億2000万円)で契約合意に至った田中将大投手の契約金のあまりの高さから、レンジャーズが獲得したダルビッシュ有投手がいかにお得な物件だったかという特集をESPNダラス版が報じ、全米で話題になっている。

「ダルビッシュ有はなんてお買い得だったんだ」と題した記事では、ダルビッシュは先週までの時点ですでにレンジャーズにとって最高の買い物だったが、田中の契約金などの詳細が明らかになるに連れ、グルーポン(割引クーポン共同購入サイト)の掘り出し物のように思えると報じられている。

 レンジャーズは2年前に6年契約5600万ドル、さらには契約の終盤に故障などがなければ400万ドルのボーナスを支払う条件でダルビッシュと契約した。当時のポスティング制度は入札金の一番高い球団が独占交渉権を手にできるシステムだったため、レンジャーズは日本ハムに5170万3411ドルを支払っている。これを合わせると総額は1億1170万3411ドルだ。

 一方、ヤンキースが田中の獲得に費やした総額は入札額の上限となった2000万ドルを合わせて総額1億7500万ドル。これを比較すると、昨年サイ・ヤング賞候補に選出され、メジャーを代表するエースとなったダルビッシュにレンジャーズが費やした金額のほうが、6000万ドル以上も安い。現在のレートで換算すると、実に約62億4000万円にも上る。

 さらに現在、一流の先発ピッチャーが手にしている超高額年俸に目を向けると、一層、ダルビッシュのお得感が増してくるという。

人気記事ランキング