野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 【プレイバック 今日という日に何が起こった?】2013年1月27日 元巨人エース・桑田真澄氏が東京大学の臨時コーチとして初指導

【プレイバック 今日という日に何が起こった?】2013年1月27日 元巨人エース・桑田真澄氏が東京大学の臨時コーチとして初指導

桑田真澄氏が、学生野球の発展に一役買った。昨年のこの日、東京・文京区の東京大学野球部グラウンドで、初指導を行った。

full-count1

東京大学のコーチをする桑田真澄氏

 桑田真澄氏が、学生野球の発展に一役買った。PL学園高校時代にバッテリーを組んでいた今久留主成幸氏が東大で特別コーチをしていたという縁などから、同大からの臨時コーチの依頼あり、それを受諾。昨年のこの日、東京・文京区の東京大学野球部グラウンドで、初指導を行った。

 投手の指導では、考えながら投球することを重点に置き、ピッチャーたちに球の回転の重要性などを伝えた。グラウンドだけでなく、座学も実施し、教室で野球を学ばせた。「野球に恩返しがしたい」という桑田氏は、自分を育ててくれた野球に少しでも還元できればという思いから、2014年も継続して行っていくという。

 東大は3季連続でリーグ戦に1勝もできず、「桑田効果」は結果には表れていない。しかし、桑田氏が就任したすぐあとの新人戦で、早稲田大学を破った。先発した辰亥由崇投手は8回1失点の好投。桑田氏のアドバイスによって「自信が持てるようになった」と手応えを感じていた。

 簡単に勝てるほど、東京六大学のリーグは甘くはない。だが、若い世代に浸透し始めた桑田イズム。ぜひとも今年は春・秋のリーグ戦で、まいた種から若い芽が出てくることを期待したい。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング