野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • いよいよプロ野球がキャンプイン 今年のセ・リーグ6球団の注目はどこ?

いよいよプロ野球がキャンプイン 今年のセ・リーグ6球団の注目はどこ?

迎える2月1日。今年は一段とキャンプへの視線が集まるだろう。最も注目を浴びるのは、松井秀喜氏が合流する読売巨人軍に違いない。その巨人を筆頭に、今年のセ・リーグ6球団のキャンプの注目を紹介したい。

full-count17

巨人の臨時コーチを務める松井秀喜氏

 2014年、球春到来だ。宮崎、沖縄などで約2か月にわたるキャンプ、オープン戦がいよいよ始まる。1月31日に首脳陣はキャンプ入りし、地元の神宮、神社に参拝へでかけた。そして、ホテルではミーティングや新加入選手のあいさつなどが行われ、キャンプイン前日は終わった。

 そして迎える2月1日。今年は一段とキャンプへの視線が集まるだろう。最も注目を浴びるのは宮崎でキャンプをスタートさせる読売巨人軍に違いない。その巨人を筆頭に、今年のセ・リーグ6球団のキャンプの注目を紹介したい。

 巨人の宮崎キャンプでは、ヤンキース、エンゼルスなどでプレーした松井秀喜氏が2002年以来、12年ぶりに宮崎に帰ってきた。巨人は一昨年に引退した松井氏に臨時コーチを打診し、本人も快諾。ユニホームを着る予定はないが、チームが宮崎に滞在する間の約2週間、後輩たちを指導する。

 打者である松井氏は主に野手への指導を行う。投手に関しては専門外であるため、ブルペンでの投球練習を視察するくらいになるだろう。しかし、選手が松井氏から学びたい大事なことは技術よりもメンタル面。著書の「不動心」にあるように、どんな時でも一心不乱にプレーする秘訣を教わりたいとナインは心待ちにしている。また、一緒にプレーしたこともある阿部慎之助捕手や高橋由伸外野手らは、当時、話すことができなかったことや聞いてみたかったことを積極的にぶつけ、自分の肥やしにするだろう。

 1軍だけでなく、同じ敷地内にある隣接した球場で行われている2軍キャンプも松井氏は訪問する予定。松井氏の後の55番を引き継いだ大田にどのようなアドバイスをするのかにも注目だ。松井氏は宮崎キャンプを視察した後、ヤンキースのキャンプにも臨時コーチとして招かれているため、アメリカに戻るという。

人気記事ランキング