野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ジーターの引退発表に地元メディアも騒然

ヤンキースのデレク・ジーター内野手(39)が今季限りでの引退を12日にフェイスブックで表明した。メジャー歴代9位の3316本安打を誇るスーパースターの決断を、米国メディアは最大級のニュースとして伝えている。メジャー随一の名門球団・ヤンキースの“象徴”がユニホームを脱ぐという事実は、それだけ重い。

full-count10

ヤンキース番記者も寝耳に水

 ヤンキースのデレク・ジーター内野手(39)が今季限りでの引退を12日にフェイスブックで表明した。メジャー歴代9位の3316本安打を誇るスーパースターの決断を、米国メディアは最大級のニュースとして伝えている。メジャー随一の名門球団・ヤンキースの“象徴”がユニホームを脱ぐという事実は、それだけ重い。

 しかも、主将の引退は、ヤンキースの番記者にすら知らなかったようだ。ジーターがフェイスブックを更新した頃、多くの番記者はフロリダ州タンパのマイナー施設で、日本報道陣とともに田中将大の到着を待っていた。11日に入団会見を行ったルーキーは、当日のうちにタンパに移動。早速、マイナー施設で体を動かすと見られていたからだ。

 実は、肝心のジーターは引退表明の直前に同施設で練習を行い、取材対応をせずに帰宅していたという。しかし、田中は一向に現れなかった。米メディアの報道によると、右腕はその頃、マイナー施設から歩いて15分ほどの距離にあるキャンプ施設でトレーニングを行っていたという。

 田中を待っていた番記者たちは、ジーターの引退が明らかになると、にわかにざわめき始めた。そして、右腕のことは二の次とばかりにあっという間に引き上げ、事実確認のために取材を開始。気が付けば、マイナー施設で田中を待ち続けていたのは、ほとんど日本報道陣だけとなってしまったようだ。

 田中のデビュー年と主将の現役最終年が、くしくも重なった。ヤンキースの世代交代は着実に進んでいる。田中もスーパースターの系譜に名を連ねることはできるのか。注目のキャンプは15日にスタートする。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング