野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

前人未踏の400セーブへ 中日・岩瀬仁紀の秘策はカットボール

プロ16年目のシーズンに向けて、中日・岩瀬仁紀投手(39)は進化を遂げようとしている。沖縄・北谷で行われているキャンプで右打者の手元で内角に鋭く入って動く、カットボールを試投した。

中日

「昔は怖いものなしで、マウンドに上がれていた」

 プロ16年目のシーズンに向けて、中日・岩瀬仁紀投手(39)は進化を遂げようとしている。

 沖縄・北谷で行われているキャンプでフリー打撃に登板した。そこで、ベテラン左腕は右打者の手元で内角に鋭く入って動く、カットボールを試投した。試運転の段階でありながらも、これが効果てきめん。打者を詰まらせた。誰も日本球界では成し遂げたことのない通算400セーブまで残り18セーブ。岩瀬の力ならば普通にやっていてもクリアできそうな数字だが、それだけでは満足していない。

 絶対的クローザーの復活を目指している。岩瀬は2004年から10年連続で2ケタセーブを挙げている球界屈指の左腕投手。5度の最多セーブのタイトルを獲得している。ストレートの軌道から、急に変化してくるスライダーが武器。打者がストレートと思って振りにいくものだから、バットに当たることはない。時には右打者の膝に巻き付くような変化を見せる。

 さらには左打者の内角に入るシュートもストレートと同じ軌道で入ってくるから、打者にとっては手強い。シンカーを駆使した時期もあり、変幻自在の投手である。しかし、ここ2年では、「思うようなシーズンを過ごせなかった」。一昨年は33、昨年は36セーブをマークしながらも、納得のいく投球ができていなかった。

 本音を言えば「昔は怖いものなしで、マウンドに上がれていた」というほど、相手打者を寄せ付けることはなかった。直球、スライダー、シュートの球種だけでほとんどが抑えられた。ただ、他の投手に比べれば抑えている部類に入るが、右打者への対応に苦労してきた。そこで今、磨いているのが、カットボールなのだ。これで右打者を封じ込めることができる。

 すべてが一級品の球種に、カットボールが加われば、岩瀬はさらなる飛躍を遂げられるだろう。と同時に、昨年12年ぶりにBクラスに転落したチームを力強く牽引していくに違いない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング