野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 「田中は憎むべきヤンキー」チャーター機でやってきた田中にボストン・ヘラルドが痛烈批判

「田中は憎むべきヤンキー」チャーター機でやってきた田中にボストン・ヘラルドが痛烈批判

ヤンキースに田中将大投手(25)が加入したことで、並々ならぬ闘志を燃やすチームがある。同じア・リーグ東地区の宿敵レッドソックスだ。

レッドソックス

ヤンキースに闘志を燃やすレッドソックス

 ヤンキースに田中将大投手(25)が加入したことで、並々ならぬ闘志を燃やすチームがある。同じア・リーグ東地区の宿敵レッドソックスだ。昨季は世界一に輝いたものの、今オフにヤンキースが大型補強を続けたことで、警戒を強めている。特に、昨季まで所属していたジャコビー・エルズベリーを獲得し、さらに大金を費やして田中をチームに加えたことが気にくわなかったようだ。独特の雰囲気に包まれるライバル対決が、今季はさらに盛り上がることは間違いない。

 今月13日に地元紙ボストン・ヘラルドが掲載したコラムは強烈だった。「田中は憎むべき新たなヤンキー」というタイトルで、早速、右腕に批判を浴びせたのだ。「すべてのレッドソックスファンは田中に感謝している。彼は我々にヤンキースを憎む新たな理由を与えてくれた」との書き出しで、恨み節をつづっている。

 主に憎しみの対象となったのは、田中がチャーター機で渡米したことだ。まい夫人ら5人と愛犬のトイプードルを乗せ、200人乗りのボーイング787で渡米したことが詳しく書かれている。もちろん、米国で報じられている19万5000ドル(約2000万円)という費用もきっちりと記されている。

 同紙は「もし半分も脳みそを持っていたなら、195席が空席で、5人しか乗っていなかったら変な感じがしないだろうか? プードルを入れても194席(が空席)だ」と痛烈批判。さらに、「ペットの選択で言えば、ダスティン・ペドロイアやデビッド・オルティスがプードルと旅をするだろうか? 1億5500万ドル(約160億円)の価値がある男が、すべての選択肢の中からプードルを選ぶだろうか? チワワではなかったのか?」と愛犬にまでケチを付ける始末。「記者会見は松井秀喜が入団して以来の規模だった。はっきりとは思い出せないが、彼は194席の空席があるチャーター機でプードルと一緒に空を旅してこなかったはずだ」と言いたい放題だ。

人気記事ランキング