野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • メジャー生き残りへ カブス・和田毅が脱「いい人」宣言

メジャー生き残りへ カブス・和田毅が脱「いい人」宣言

メジャーには、社会貢献を果たした選手や人徳のある選手、メディアの取材に協力的だった選手らを表彰する「グッドガイ賞」という賞がある。カブスとマイナー契約を結び、招待選手として先発ローテ入りを狙う和田毅もまた、いつ何時「グッドガイ賞」に選ばれても不思議ない人物だ。

カブス

「いい人過ぎちゃダメですね」

 メジャーには、社会貢献を果たした選手や人徳のある選手、メディアの取材に協力的だった選手らを表彰する「グッドガイ賞」という賞がある。レンジャーズで昨年度グッドガイ賞に選ばれたのは、“メジャーで最も嫌われている男”アンケートで、何度も1位に輝いたことがあるAJピアジンスキーだった。

 全米野球記者協会(BBWAA)ダラス支部が選出。一癖も二癖もある人物だが、メディア対応をしない日はないし、どんなに大敗しても味方投手を責める発言はしない。ダルビッシュ有と何度もバッテリーを組んだ捕手だけに、日本メディアもかなりお世話になった。日本人選手では、1999年に吉井理人(当時メッツ)、2003年に松井秀喜(当時ヤンキース)の2人が、BBWAAニューヨーク支部による選出を受けたことがある。

 カブスとマイナー契約を結び、招待選手として先発ローテ入りを狙う和田毅もまた、いつ何時「グッドガイ賞」に選ばれても不思議ない人物だ。時には億劫だと思うこともあるだろうが、そんな様子は見せず、真摯にメディア対応をしてくれる。そんな「いい人」和田が、先日ふとこんなことを言った。

「いい人過ぎちゃダメですね。ちょっとわがままなくらい自己主張をした方がいい」

人気記事ランキング