野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 今日3月10日のオープン戦の注目 伝統の巨人阪神戦80周年企画

今日3月10日のオープン戦の注目 伝統の巨人阪神戦80周年企画

本日予定されているオープン戦は三重県で行われる巨人対阪神の一戦のみ。だが、この1試合はとても大きな意味を持つ。巨人は原辰徳監督をはじめ全選手が故・沢村栄治氏の背番号で永久欠番でもある「14」、阪神も全員がOBの故・西村幸生氏の背番号「19」を着用する。

full-count10

偉大な先人に敬意を表す試合

巨人-阪神(13時・三重県伊勢市)

 本日予定されているオープン戦はこの1試合のみ。だが、この1試合はとても大きな意味を持つ。

 巨人は原辰徳監督をはじめ全選手が故・沢村栄治氏の背番号で永久欠番でもある「14」、阪神も全員がOBの故・西村幸生氏の背番号「19」を着用する。

 両氏は試合が行われる伊勢市出身。アメリカでは人種の壁を取り払ったジャッキー・ロビンソン氏に敬意を表し、1年に1度、選手、審判らが全員、同氏がつけていた「42」を着用することがあるが、それと同様、偉大な先人に敬意を表す試合となる。

 今年2014年が球団創設80周年となる巨人と、来年15年が同じく80周年となる阪神による記念企画でもある。滅多に見られない巨人の「14」を見たさに、チケットは即完売したという。

 巨人先発の宮国、阪神先発の鶴が、このイベントに恥じない投球をして、先人を喜ばせることができるかどうかにも期待がかかる。 

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング