野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • メジャー屈指の強打者を憤慨させた記者の一言と、それでもアルバート・プホルスが貫く矜持

メジャー屈指の強打者を憤慨させた記者の一言と、それでもアルバート・プホルスが貫く矜持

「2014年、アルバート・プホルスが批判封じに乗り出す」。エンゼルス移籍後、カージナルス時代のような数字を残せていないと矢面に立たされているプホルスが、今年はその声を封じるために燃えている。

レンジャーズ

俺は13年間もそれなりの成績を残してきた

 少し前の話になるが、3月6日付けの全国紙USA TODAYに秀逸な記事が載っていた。記事を書いたのは、敏腕記者として知られるボブ・ナイチンゲール氏。ニュースを抜く腕にも長けているが、この人の人物に寄った記事はとても面白い。今回、ナイチンゲール氏がスポットを当てたのは、2012年にエンゼルスに加入して以来、存在感が薄くなってしまったアルバート・プホルスだ。

 記事の見出しは「2014年、アルバート・プホルスが批判封じに乗り出す」。簡単にまとめれば、エンゼルス移籍後、カージナルス時代のような数字を残せていないと矢面に立たされているプホルスが、今年はその声を封じるために燃えている、という内容だ。

 復活劇の序章をつづる、よくありがちなストーリーかと思いきや、これがひと味違う。これまであまり感情を表に出さず、批判にも称賛にも耳を貸さず、黙々と野球をプレーし続ける印象の強かったプホルスが、とある記者から受けた質問に明らかに憤慨しているのだ。プホルスの地雷を踏んだ質問はこうだ。

「マイク・トラウトと同じくらいの成績を残したいと思いますか?」

 この質問を受けたプホルスは、驚きのあまり、開いた口がふさがらなかったという。「自分がこんな質問を受けるとは思わなかった」というプホルスは、記事内でこう続けている。

「危うく記者に聞きそうになったよ。本気で質問してるのかって。俺の成績をチェックしてみてくれ。最近2年、マイク・トラウトが打ち立てた成績は、とても特別なものだ。でも、俺の数字を見てくれ。俺は13年間もそれなりの成績を残し続けているんだ」

 もちろん、デビュー以降のトラウトの活躍ぶりはプホルスも認めるところだ。「いつでも学ぶ姿勢を忘れないし、謙虚さを失うこともない素晴らしい若者だ」と称えている。一方、「俺をやる気にさせるためにトラウトを引き合いに出す奴がいるなら、お門違いだ。俺のやり方を見せてやらなきゃいけないな」と、ベテランのプライドを前面に押し出す。

人気記事ランキング