野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 米紙の名物コラムニストが持論を展開「イチローに移籍のススメ」

米紙の名物コラムニストが持論を展開「イチローに移籍のススメ」

ヤンキースのイチロー外野手が米地元紙ニューヨークポストの名物コラムニスト、ジョエル・シャーマン記者が同紙電子版に掲載したコラムには「イチローを放出できなければ、ヤンキースは最も有名な5番目の外野手を押し付けられることになる」と痛烈な見出しが躍った。

ヤンキース

メジャーで最も有名な5番手外野手

 ヤンキースのイチロー外野手が米地元紙ニューヨークポストの名物コラムニスト、ジョエル・シャーマン記者から不要論を唱えられ、話題になっている。同紙電子版に掲載されたコラムには「イチローを放出できなければ、ヤンキースは最も有名な5番目の外野手を押し付けられることになる」と痛烈な見出しが躍った。

 イチローは12日のタイガースとのオープン戦で今年初めて実戦の1番打者を務め、2度目となるレフトで先発。この時、偶然にもタイガースの1番レフトの先発で、イチロー同様に左打ちのアンディ・ダークスが腰の手術で前半戦絶望となることがすでに球団から発表されていた。2チームの事情が重なった結果、イチローのタイガース入りの噂が浮上したが、記事によると、タイガースのデーブ・ドンブロウスキGMはダークスの代役を内部昇格か、他球団とのトレード等の補強か決めかねているとシャーマン記者に話し、「我々は大きな移籍を模索していない」と明言したという。また、ヤンキース幹部もタイガース側のイチローに対する身分照会はまだないと話している。

 シャーマン記者はスプリングキャンプの段階でスター軍団におけるイチローの状況を分析。外野手と指名打者のローテーションはカルロス・ベストラン、ジャコビー・エルズベリー、ブレット・ガードナー、アルフォンソ・ソリアーノの4人体制が固まっており、イチローはメジャーで最も有名な5番手外野手になると皮肉気味に指摘した。

 他の外野手に負傷者が出なければ、イチローの出番は、ヤンキースがリードしている終盤に、ベルトラン、あるいはソリアーノに代わるライトの守備固めでの起用となると分析。また、ピンチランナーかピンチヒッターとし、先発は週に1度か10日に1度程度と厳しい予想を展開している。その場合、打撃回数はシーズン150回から200回程度とも付け加えている。

 同記者は、まだ本人が肉体的な衰えを自覚する前に、偉大な選手をベンチに下げることは、どの球団にとっても回避したいことの一つだと指摘。20歳の時点からオリックスでレギュラーだったイチローは、メジャーでも最も有名な打者の1人に数えられている。

人気記事ランキング