野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • ヤンキース・黒田博樹が分析する、田中将大の持つ『柔軟性』

ヤンキース・黒田博樹が分析する、田中将大の持つ『柔軟性』

2014年シーズンをもって、ヤンキース3年目を迎える黒田博樹。今や、ヤンキース先発陣の一角を担う男から、新たに加入した日本球界の至宝はどのように映るのだろうか。そして、黒田自身の今季のチーム内での役割、2014年シーズンに臨む思いとは――。

ヤンキース

黒田の目に映った田中の「柔軟性」

 最高の見本が、いつも隣にいる。メジャー1年目の田中将大にとって、黒田博樹の存在ほど心強いものはないだろう。2008年に海を渡った右腕は、ドジャース、そしてヤンキースとメジャーを代表する名門球団で確固たる地位を築いてきた。昨季終了後、ヤンキースはワールドシリーズ制覇に向けて必要不可欠な戦力として、真っ先に残留オファーを出すなど、安定感抜群のベテランに対しての米国での評価は極めて高い。

 そんな男の目に、鳴り物入りで入団してきた田中はどう映っているのか。黒田と田中が初めて顔を合わせ、話をしたのは、ヤンキースのバッテリー組のREPORT DAYと呼ばれる集合日。身体検査の合間に顔を合わせ、ほんの数分間だけ言葉を交わした。それまでは、ヤンキース入団が決まった直後に田中が黒田に電話で連絡をして、あいさつをしただけだったという。つまり、ほとんど面識がなかったことになる。

 黒田が最初に田中に感じたのは、25歳とは思えない、堂々たる立ち振る舞いだ。キャンプ当初、田中は1つ1つの練習に戸惑いを見せ、右往左往しながら先輩の背中を追いかけることが多かった。ただ、そんな姿を近くで見ていても、黒田にはその芯の強さが見えていたという。

「落ち着いてるし、周りに振り回されない、惑わされない強さを持っている。現時点ではそういう印象を受けますね。しっかり落ち着いて、自分のペースでできていると思いますし、違和感なくやれているんじゃないかなと思います」

人気記事ランキング