野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 派手さだけではない リーグトップを走る巨人とオリックスの共通点

派手さだけではない リーグトップを走る巨人とオリックスの共通点

プロ野球が開幕して、3カードが終了した。セ・リーグは巨人と広島が同率首位、パ・リーグはオリックスが単独首位に立っている。巨人とオリックスの強さを支える共通点とは?

オリックス

首位を走る巨人の強さを支える「凡事徹底」

 プロ野球が開幕して、3カードが終了した。各球場で熱戦が繰り広げられ、プロ初勝利あり、新外国人選手の大当たりありと話題も多岐にわたっている。

 セ・リーグは下馬評通り、戦力豊富な巨人が8試合で6勝2敗と広島と同率首位。逆にパ・リーグは大方の予想に反し、投打がかみ合ったオリックスが7勝2敗と2位の楽天に2ゲーム差をつけて単独首位、現在6連勝中である。

 今季の巨人は新外国人のアンダーソンが安打を量産しているほか、どこからでも点が取れる打線で好調をキープ。主将で守備の要である阿部慎之助選手が左ふくらはぎを痛め、6日の中日戦を欠場して敗北を喫したが、新人の小林誠司捕手がプロ初安打をマークするなど、プラス材料も多い。

 一番の強さは、凡事徹底にある。それは5日の中日戦(ナゴヤドーム)の戦いに象徴されている。

 延長10回の戦いの末に、5-3で勝ったこのゲーム。10回中、5イニングでバントをした。初回はノーアウト1、2塁の場面で3番の高橋由伸に送りバントのサインが出された。意表を突く攻撃に相手も驚いた。

 高橋は初めからバントの構えをするのではく、セーフティー気味に決めて満塁とし、4番・村田修一の内野ゴロの間に1点を奪った。派手な得点シーンも多いが、このような自己犠牲や細かい点の取り方で勝っているのも忘れてはならない。

人気記事ランキング