野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 地元メディアからは「新型ダルビッシュ」の評価も 今季初白星で見えた日本人右腕の進化

地元メディアからは「新型ダルビッシュ」の評価も 今季初白星で見えた日本人右腕の進化

6日のレイズ戦で今季初先発初勝利を挙げたレンジャーズのダルビッシュ有投手が地元メディアに「新型ダルビッシュ」と評価された。

full-count7

レイズ戦は7イニングで89球の“省エネ”投球

 6日のレイズ戦で今季初先発初勝利を挙げたレンジャーズのダルビッシュ有投手が地元メディアに「新型ダルビッシュ」と評価された。マイク・マダックス投手コーチから今季の課題として挙げられていた球数減、ストライク先行などを初登板から実践。絶対的エースの進化をESPNダラスが分析している。

 寝違えによる首痛から復帰した初戦で7回無失点の好投を見せたダルビッシュに対し、地元の辛口メディアの評価も高かった。

「3週間の不在を経て、日曜日に復帰したダルビッシュは大方の予想であるサイ・ヤング賞受賞の本命に見えた」

 こう絶賛する記事では、ダルビッシュの投球内容に進化の証しを探っている。この日7イニングで投じたのは89球。昨年は1イニング当たりの平均投球数が16・5球だったのに対し、この日は12・7球だったという。マダックス投手コーチが要求していた通り、かなりの省エネの投球に成功している。

 しかも、89球中65球がストライクで、カウントの上でも昨年以上に優位性を保つことができた。要所をきっちりと抑えたピッチングは、相手打線に10個もの残塁の山を築かせることにもつながっている。

「これがストライクを集める、新型ダルビッシュかもしれない。四球を減らし、投球数を抑える。試合終盤でも持続性を保つことができる」

 記事ではこう評しており、以前からメジャー屈指のハイレベルなピッチングを見せていたエースがさらにバージョンアップしたことを伝えている。

人気記事ランキング