野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂大輔の守護神デビューに現地メディアは「驚愕」 チームメートは「秘密兵器になる」

24日のカージナルス戦で9回から投げ、メジャー初セーブを挙げたメッツの松坂大輔投手のクローザーとしての登板を地元メディアが衝撃とともに伝えている。

full-count4

カージナルス戦でメジャー初セーブ

 24日のカージナルス戦で9回から投げ、メジャー初セーブを挙げたメッツの松坂大輔投手のクローザーとしての登板を地元メディアが衝撃とともに伝えている。ESPNは「驚愕! Dice-Kがカージナルス戦を締めくくる」と大見出しで報じた。スプリングキャンプ中に先発ローテーション入りを争っていた松坂だが、本格的にクローザーで起用される可能性が高まっている。

「テリー・コリンズはふざけているわけではなかった。ダイスケ マツザカがメッツのリリーフ投手になることについて、“間違いない”と監督が示唆したときは、ファンは笑ったかもしれない。ライバルチームのスカウトや幹部はこのアイデアを嘲笑したかもしれないが、コリンズは真剣だった。木曜日の午後、9回に松坂にボールを託し、彼のメジャー初セーブとメッツの4-1勝利を見守った」

 記事ではこう記されている。

 松坂は9回表に登板。15球中ストライクは9球。1奪三振を含む3者凡退でゲームを締めたが、クローザーでの起用は松坂自身にも事前に伝えられていなかったという。

「私はあのシチュエーションで彼を投入したかった。彼には(クローザーに)慣れてもらいたい。どう状況を対処するか見たかったが、彼はうまくやってくれた」

 コリンズ監督は8日前までマイナーリーグで本職の先発を務めていた松坂のピッチングと、メジャー初のセーブを称えた。メッツの守護神は38歳のベテラン右腕、カイル・ファーンズワースだが、試合前の時点で4日で3試合に登板し、休養が必要だったという。

人気記事ランキング