野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 粘投のダルビッシュが今季2勝目も、「500発男」プホルスへの危険球が地元紙で物議 「ビーンボール戦争か、内角のボールが逸れただけなのか」

粘投のダルビッシュが今季2勝目も、「500発男」プホルスへの危険球が地元紙で物議 「ビーンボール戦争か、内角のボールが逸れただけなのか」

レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地時間4日のエンゼルス戦に先発した。味方の大量援護もあって4月6日のレイズ戦以来、約1か月ぶりの白星となる今季2勝目を挙げたが、5回にプホルスのヘルメットをかすめた危険球が地元メディアで物議を醸している。

20140505_pih

プホルスのヘルメットをかすめた危険球

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地時間4日のエンゼルス戦に先発した。6回3分の1イニングを投げ、初回にメジャー通算500本塁打を達成しているアルバート・プホルスらに2本の本塁打を浴びるなど苦しんだが、その後は粘り、7安打、9奪三振で3失点に抑えた。レンジャーズは14-3で勝利。

 ダルビッシュも味方の大量援護もあって4月6日のレイズ戦以来、約1か月ぶりの白星となる今季2勝目を挙げたが、5回にプホルスのヘルメットをかすめた危険球が地元メディアで物議を醸している。

 地元紙「サンガブリエル・バレー・トリビューン」電子版が「プホルスがヘルメットに死球を受けた」という見出しで緊迫の場面を報じている。

 レンジャーズの9-2リードで迎えた5回裏だった。2アウト2塁で迎えたプホルスの打席で、2ストライクと追い込んでいたダルビッシュの91マイル(146キロ)の速球の軌道が大きくそれた。プホルスのヘルメットをかすめると、スラッガーは地面に倒れこんだ。

 同紙が「ビーンボール戦争か、内角のボールが3球逸れただけなのか」と書き出した場面を、プホルスはこう振り返ったという。

「正しいタイミングで避けることができて本当に幸運だった。(負傷など)バカげたことが起こらずに嬉しいよ。9-2リードの場面で彼がわざとぶつけようと投げたのなら、彼は間抜けだ。でも、そうではないと思うし、ボールが滑っただけだろう。もしも、意図的に投げたのなら、間違いなくマウンドに詰め寄っていた」

人気記事ランキング