野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ヤンキースの“エース”田中将大はメジャー初打席に無関心!? 米メディアの取材にバッティングは「怖い」と回答

ヤンキースの“エース”田中将大はメジャー初打席に無関心!? 米メディアの取材にバッティングは「怖い」と回答

ヤンキースの田中将大投手(25)が、メジャー7度目の先発となる9日午後7時10分(日本時間10日午前9時10分)プレイボールのブルワーズ戦を前に、米メディアの取材に応じた。

20140509_tanaka

高校通算13本塁打を記録した田中だが…

 ヤンキースの田中将大投手(25)が、メジャー7度目の先発となる9日午後7時10分(日本時間10日午前9時10分)プレイボールのブルワーズ戦を前に、米メディアの取材に応じた。

 敵地での交流戦では、駒大苫小牧時代に通算13本塁打をマークし、強打者としても知られた田中の“打力”にも注目が集まるが、本人は「怖い」と意外な心境を明かしたという。ニューヨークの地元紙ニューズデイが伝えている。

 同紙は「バッターボックスに立つことに興奮する投手を、ヤンキースのクラブハウスで見つけるのは簡単だ」としている。つまり、DH制があるため、普段は投手が打席に立たないア・リーグ所属のヤンキースだが、実はバッティングが好きな選手が多いというのだ。交流戦の時期になると、エースのCC・サバシアがナ・リーグの本拠地で印象的な打撃を見せるのは、ほんの一例だ。

 しかし、「現時点でヤンキースのエース」と同紙が認める田中は例外のようだ。打席に立つことについて、ルーキー右腕は「少し怖い」と話したというのだ。

 田中は4勝無敗、防御率2.53という好成績をひっさげて、ここまで22勝13敗とナ・リーグ最高勝率を誇るブルワーズ戦に登板する。米国内でも注目の一戦となることは間違いないが、バッティングで観ている人たちに何かしらの印象を残そうとは考えていないようだ。

人気記事ランキング