野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • メジャー初完封で田中将大の評価がさらに上昇!? サイ・ヤング賞候補の最有力候補に

メジャー初完封で田中将大の評価がさらに上昇!? サイ・ヤング賞候補の最有力候補に

黄金ルーキーが早くも「NO1投手候補」に躍り出た。米国で最も権威のあるスポーツ雑誌スポーツ・イラストレイテッドが、現時点で今季のサイ・ヤング賞を予想する特集記事を掲載。14日のメッツ戦でメジャー初完投初完封を達成し、無傷の6連勝を飾ったヤンキースの田中将大投手(25)が、ア・リーグの最有力候補として名前を挙げられている。

full-count3

米スポーツ誌が現時点での有力候補を特集

 黄金ルーキーが早くも「NO1投手候補」に躍り出た。米国で最も権威のあるスポーツ雑誌スポーツ・イラストレイテッドが、現時点で今季のサイ・ヤング賞を予想する特集記事を掲載。14日のメッツ戦でメジャー初完投初完封を達成し、無傷の6連勝を飾ったヤンキースの田中将大投手(25)が、ア・リーグの最有力候補として名前を挙げられている。

 記事では、現時点でのサイ・ヤング賞候補5人を紹介。ア・リーグ部門で、田中の名前が1番目に挙げられている。ここまで8試合で6勝無敗、防御率2・17。米国で評価基準の1つとして重視されているWHIP(1イニングあたりの安打+四死球)0・91、登板試合での平均投球回7・3イニングはリーグトップだ。

 同誌によると、これまで新人でサイ・ヤング賞に輝いたのは1981年のフェルナンド・バレンズエラ(ドジャース)のみ。ア・リーグでは1人もない。ただ、田中は初の完封勝利を達成したメッツ戦の投球で、(候補)リストのトップに名を連ねる価値があることを証明し、同賞に輝くための素晴らしいチャンスを手にしているという。

 ここまで8試合では最低でも6回1/3を投げている。奪三振7を下回ったのは1試合だけ。6試合目までに7本塁打を浴びたものの、直近2試合では許しておらず、18回1/3にわたってホームランを打たれていない状態だ。

 同誌は「田中のスプリットは現在の野球界で最高のボールだ」と宝刀に最上級の評価を与えている。ここまでスプリットでは136球で69回の空振りを奪ったが、スライダーも同様の破壊力を見せており、72球で34回と実に47%の空振り奪取率を記録しているという。

 2番目に名前が挙がったのは昨年のサイ・ヤング賞右腕、マックス・シャーザー(タイガース)。ここまで5勝1敗。防御率2・04、奪三振率(9イニング当たりの三振数)11・2はリーグトップだ。

人気記事ランキング