ダルビッシュ有と共に戦うもう一人のアジア人 「最高のチームメイト」と称えられる秋信守の素顔と凄さ
2014.05.20
レンジャーズは多国籍軍で知られるチームだけに、中南米出身のファンに向けたスペイン語でのリポートも充実しているが、今年から仲間に加わったのが、韓国からの報道陣だ。もちろん、彼らの取材対象は、不動の「1番左翼」秋信守(チュ・シンス)だ。
20140520_cho

photo Getty Images

ア・リーグ1位の出塁率をマークする秋信守

 2011年に建山義紀、上原浩治の同級生コンビがプレーオフに出場して以来、その翌年のダルビッシュ有入団も相まって、レンジャーズのプレスボックスでは日本報道陣の存在が常連となっている。

 もともと多国籍軍で知られるチームだけに、中南米出身のファンに向けたスペイン語でのリポートも充実しているが、今年から仲間に加わったのが、韓国からの報道陣だ。もちろん、彼らの取材対象は、不動の「1番左翼」秋信守(チュ・シンス)だ。

 今年のレンジャーズは、開幕前から怪我に祟られ、簡単には勝てない試合が続いている。それでも「この苦境を持ちこたえれば、なんとかなるのでは……」とファンに希望を持たせてくれる要素もある。投手陣で言えば、元広島コルビー・ルイスの復活であり、ダルビッシュの安定感。そして、打者では、黙々と出塁し続ける秋信守の働きだろう。

 5月16日現在、秋の出塁率は4割3分1厘と、ア・リーグでは堂々の1位だ。打率3割5厘も同7位。チーム得点(167点)がリーグ12位と奮わないレンジャーズ打線だが、1回の攻撃が始まった途端に、秋が一塁ベース上に立っているという光景も珍しくはなくなった。秋が出塁し、ベルトレやフィルダーが適時打で返す、というパターンが、レンジャーズの目指す初回の攻撃のあり方だ。



1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月