野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • エースのダルビッシュまでもが再び首の張りを発症 レンジャーズでまことしやかにささやかれる「ノーラン・ライアンの呪い」

エースのダルビッシュまでもが再び首の張りを発症 レンジャーズでまことしやかにささやかれる「ノーラン・ライアンの呪い」

日米を問わず、野球界には「呪い」と呼ばれるものが存在する。最近テキサスから始まり、全米でまことしやかにささやかれ始めた噂の呪いがある。「ノーラン・ライアンの呪い」だ。

20140528_rian

全米でささやかれ始めた「ノーラン・ライアンの呪い」

 日米を問わず、野球界には「呪い」と呼ばれるものが存在する。日本では、おなじみ阪神タイガースを祟った「カーネル・サンダースの呪い」。メジャーでは、2004年ワールドシリーズ優勝をもってレッドソックスがようやく終止符を打つことができた「バンビーノ(ベイブ・ルース)の呪い」、100年以上もカブスが悪夢に閉じ込められたままの「ヤギの呪い」が有名どころだろう。

 そして、最近テキサスから始まり、全米でまことしやかにささやかれ始めた噂の呪いがある。「ノーラン・ライアンの呪い」だ。

 今季のレンジャーズは、キャンプイン前から怪我に祟られている。5月27日現在、故障者リスト(DL)入りしている選手は13名。言わずもがなのメジャー最多人数だ。「どうして?」と誰もが首をかしげたくなるほど、チームの屋台骨となるべき選手たちが、次から次へとDL入りしていく。この誰にも理由が分からない怪現象(?)を、いつからか地元テキサスでは「ノーラン・ライアンの呪い」と呼ぶようになったのだ。

 ノーラン・ライアンとは、ご存じの通り、ノーヒットノーランを7度も達成した経験を持つ殿堂入りピッチャーだ。ライアン氏は、2008年に現役時代を締めくくったレンジャーズの球団社長に就任した後、CEO(最高経営責任者)に役職を変えて球団経営に携わっていたが、昨季10月31日をもって“辞任”した。

 だが、“辞任”というのは形だけで、実際は“居場所がなくなった”という意味合いの方が強い。複数関係者によると、ライアン氏は単なる球団社長ではなく、戦力補強など実務の面でも権力を持ちたかったようだ。だが、補強等に口出しすれば、GMの権限を侵害することになる。

 もちろん、ライアン氏の知名度は絶大だ。その人気にあやかることも十分にできたが、当のライアン氏は定期的にファンイベントに参加したり、メディアに露出することには気が進まなかったようだ。

人気記事ランキング