野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 今季8勝目でリーグトップの防御率の田中将大を地元紙も称賛 「エースがツインズを沈黙させる」

今季8勝目でリーグトップの防御率の田中将大を地元紙も称賛 「エースがツインズを沈黙させる」

31日(日本時間6月1日)のツインズ戦で今季8勝目を挙げたヤンキースの田中将大投手がジョー・ジラルディ監督にピンストライプの名門の「エース」の称号を与えられた。

ヤンキース

ジラルディ監督からも絶大な信頼を寄せられる

 31日(日本時間6月1日)のツインズ戦で今季8勝目を挙げたヤンキースの田中将大投手がジョー・ジラルディ監督にピンストライプの名門の「エース」の称号を与えられた。地元紙ニューヨークポスト電子版は「エースのタナカがツインズを沈黙させる」と大見出しで特集した。

 記事では、田中自身はヤンキースのエースではないと謙遜しているが、ジョー・ジラルディ監督の意見は違うと報じている。

「彼は(エースという)この役割を享受しているようだ。彼は責任感というものを愛する。自分自身にすごく高い期待を持っている。長いイニングを投げて、1失点で抑えたのに、完封できなかった自らに憤りを感じている。それこそがエースの仕事だ。彼が自ら担っている責任なんだ」

 指揮官はこう語っているという。

 田中はこの日、8イニングを投げ、相手打線を4安打、2四球に抑え、9奪三振、1失点という素晴らしいピッチングを披露。106球を投げ、ストライクは73球。チームを3-1勝利に導いた。

人気記事ランキング