野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大が8勝目を挙げた投球を振り返る 「試合の後半はスライダーが良かった」

田中将大が8勝目を挙げた投球を振り返る 「試合の後半はスライダーが良かった」

ヤンキースの田中将大投手が粘りのピッチングで8勝目を挙げた。不利な状況にも我慢の投球を続け、8回を4安打2四球9奪三振で1失点と好投。打線も8回に勝ち越し、3-1で勝利投手になった。

ヤンキース

「試合の後半はスライダーに頼って投げました」

 ヤンキースの田中将大投手が粘りのピッチングで8勝目を挙げた。味方の守りのミス、突然の降雨などの不利な状況にも我慢の投球を続け、8回を4安打2四球9奪三振で1失点と好投。打線も8回に勝ち越し、3-1で勝利投手になった。これで今季11試合で8勝1敗、防御率はリーグトップの2・06。以下が会見の内容。

――味方の守備のミスがあった。自分ががんばらないといけないと思ったか。

「ミスはしたくて出るものではないし、そういう時こそピッチャーが踏ん張って抑えないといけないと思っていた」

――ヤンキースの打線が当たってないと思っていたか。

「調子が良い時もあれば、悪い時もある。ピッチャーとしては毎試合1点でも少なく、防ぐ。やることは変わらないと思っています」

――雨による中断がなかったら9回を投げていたか。

「投げていなかったと思います」

――今日良かった点はどこか。

「要所、要所で、いい球が投げられていたところ。試合の後半にはスライダーが良かったので、そこに頼って投げました」

人気記事ランキング