野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • ヤンキースの新人投手としては初の快挙!? 田中将大が5月のア・リーグ月間最優秀投手に

ヤンキースの新人投手としては初の快挙!? 田中将大が5月のア・リーグ月間最優秀投手に

ヤンキースの田中将大投手が5月のア・リーグ月間最優秀投手(MVP)に選出された。田中の5月の成績は5勝1敗、防御率1・88で、42三振を奪っている。

ヤンキース

日本人選手のメジャー1年目では野茂氏以来、19年ぶり

 ヤンキースの田中将大投手が5月のア・リーグ月間最優秀投手(MVP)に選出された。田中の5月の成績は5勝1敗、防御率1・88で、42三振を奪っている。MLB広報部のツイッターの速報によると、ヤンキースの新人ピッチャーが月間最優秀投手に選出されるのは球団史上初の快挙。ヤンキースとしては昨年8月のイバン・ノバ以来の受賞となった。

 また、過去の日本人の受賞者は4選手で、1995年6月と96年9月の野茂英雄投手(ドジャース)、98年5月と99年7月の伊良部秀輝投手(ヤンキース)、04年8月のイチロー外野手(マリナーズ)、07年7月の松井秀喜外野手(ヤンキース)。日本人のメジャー1年目の受賞は野茂氏以来、19年ぶり。

 田中は今季通算8勝1敗。通算防御率2・06。ここまで11試合の登板すべてでクオリティースタート(6回以上を自責3以内)を続けており、これは今季のメジャーで唯一。メジャーデビューから11試合以上QSを続けたのは1973年に16試合連続を記録したスティーブ・ロジャーズ(エクスポズ)以来で、100年で2人目となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング