野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ有と多田野数人の“衝撃の一球”が全米で話題に 米メディアが動画と共に特集

ダルビッシュ有と多田野数人の“衝撃の一球”が全米で話題に 米メディアが動画と共に特集

レンジャーズのダルビッシュ有投手のスローカーブと日本ハムの多田野数人投手の超スローボールが米テレビ局「FOXスポーツ」電子版で“えげつないボール”として特集され、全米で大きな話題となっている。

マリナーズ

多田野の超スローボールに「その瞬間、ソフトボールの試合と化した」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手のスローカーブと日本ハムの多田野数人投手の超スローボールが米テレビ局「FOXスポーツ」電子版で“えげつないボール”として特集され、全米で大きな話題となっている。

元野球日本代表・岩村明憲氏が考える世界で活躍する条件 「日本人にしかできないことがある」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「もしも、あなたがえげつない変化球のファンなら、日曜日は最高の日だった」という一文で特集記事はスタートする。

 最初に動画と共に紹介されているのは2004年から2005年までインディアンスで15試合に登板したこともある多田野のイーファスピッチと呼ばれる超スローボールだ。今月1日の阪神との交流戦で多田野はマウロ・ゴメスに対し、1ボール2ストライクの4球目に山なりのスローボールを投じた。

「パ・リーグの試合がその瞬間、ソフトボールの試合と化した」「これまでに見たイーファスピッチの中で最も感銘的」と記事では描写されている。

「タダノの手から放たれたボールは最高到達地点約20フィート(約6メートル)の弧を描き、キャッチャーミットにそのまま吸い込まれ、完璧なストライクに見えた」とも解説。主審はボールと判定したが、元レッドソックスのゴメスも首を振りながら笑っていたと報じている。

 特集では、多田野の衝撃的な一投が試合前日に1軍に登録された直後に投じられたことを驚きとともに報じている。多田野のこの一球はUSAトゥデー電子版や米テレビ局CBSスポーツ電子版、ニューヨーク・デイリーニューズ電子版などでも動画とともに紹介されており、多田野の注目度は再びアメリカでも高まっているようだ。

人気記事ランキング