野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 米国はこう見ている
  • ボールボーイがインプレーのボールをキャッチする“珍プレー” ビックリの青木宣親も「ボール・プリーズ」

ボールボーイがインプレーのボールをキャッチする“珍プレー” ビックリの青木宣親も「ボール・プリーズ」

カンザスシティで行われたロイヤルズ対ヤンキースのゲームで、一塁ファウルグラウンドに座っていたボールボーイがインプレーのボールを捕球してしまう珍プレーが起きた。

full-count6

インプレーのボールを捕球してしまった少年

 カンザスシティで行われたロイヤルズ対ヤンキースのゲームで、一塁ファウルグラウンドに座っていたボールボーイがインプレーのボールを捕球してしまう珍プレーが起きた。地元紙のスターレジャー、USA TODAY電子版などが報じている。

 問題となったのは4回のヤンキースの攻撃。ブライアン・ロバーツの打球は一塁線を破った。しかし、そのボールをファウルと勘違いしたボールボーイの少年がキャッチ。そのまま、スタンドのファンに投げ入れてしまった。

 その様子は地元のテレビ中継で何度も報じられ、一躍、時の人となった。ライトを守っていたロイヤルズの青木宣親が近づき、その少年にフェアであることを告げると、申し訳なさそうな表情を浮かべた。

 記録は二塁打となったロバーツだったが「前にも見たことがあるし、気分が悪くなることはない。過ちを犯したけど、彼は一生懸命仕事をした結果だから」と気にしていない様子だった。目の前でハプニングが起きた青木はボールを返してもらおうと「ボール・プリーズ」とその少年に声をかけたという。

 その少年は次に明らかなファウルボールが飛んできても、その反省からボールを取ろうとしなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング