野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 史上2人目となる「サイ・ヤング賞&新人王」も可能!? 米国内で高まる田中将大への期待感

史上2人目となる「サイ・ヤング賞&新人王」も可能!? 米国内で高まる田中将大への期待感

13試合目の登板で早くも二けた勝利をマークした日本人右腕に関して、ドジャースなどで活躍した往年の名投手、フェルナンド・バレンズエラ氏以来、史上2人目となる新人王とサイ・ヤング賞の2冠獲得を予想する声が高まっている。

20140613_tanaka

フェルナンド・バレンズエラの再来なるか

 ヤンキースの田中将大投手が11日(日本時間12日)のマリナーズ戦に先発し、完投で今季10勝目を挙げた。

 13試合目の登板で早くも二けた勝利をマークした日本人右腕に関して、ドジャースなどで活躍した往年の名投手、フェルナンド・バレンズエラ氏以来、史上2人目となる新人王とサイ・ヤング賞の2冠獲得を予想する声が高まっている。地元紙ニューヨークポストが「ヤンキースのエース、マサヒロ タナカは自らバーを上げ続ける」という見出しの特集記事で報じている。

「かつてはフェルナンドマニアがいたが、今の時代はタナカマニアだ。もしもサイ・ヤング賞と新人王の両方を受賞した最後の投手を探せば、それは1981年のバレンズエラ。現状のペースなら、マサヒロ タナカはメジャー史でバレンズエラに並ぶかもしれない」と報じている。

 メキシコ出身の左腕は1980年から97年までメジャーリーグで活躍。20歳のメジャー2年目には開幕8連勝を記録するなど、13勝7敗の好成績を収めた。その年はオールスター先発投手となり、ドジャースをワールドシリーズ制覇へと導くなど大活躍。新人王とサイ・ヤング賞のダブル受賞を果たしたのはメジャー史上、バレンズエラ氏だけだ。

人気記事ランキング