野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 伝説のクローザーをも上回る上原浩治の驚異の数字とは!?

伝説のクローザーをも上回る上原浩治の驚異の数字とは!?

レッドソックスの上原浩治投手(39)が今季も驚異的な活躍を続けている。14日(日本時間15日)のインディアンス戦では1点を追う9回に登板して1イニングを無安打2奪三振。残念ながらチームの勝利につながることはなかったが、防御率は圧巻の0.61まで下がってきた。

20140615_uehara

上原が30代後半に残している驚異的な数字

 レッドソックスの上原浩治投手(39)が今季も驚異的な活躍を続けている。14日(日本時間15日)のインディアンス戦では1点を追う9回に登板して1イニングを無安打2奪三振。残念ながらチームの勝利につながることはなかったが、防御率は圧巻の0.61まで下がってきた。

元野球日本代表・岩村明憲氏が考える世界で活躍する条件 「日本人にしかできないことがある」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 レッドソックスの球団公式サイトでは、この試合の前にその凄さをあらためて紹介する記事を掲載。これまでに残してきた驚異的な成績を元に、上原がいかに優秀な守護神であるかについて言及している。

 上原の優秀さを証明するために比較対象として選ばれているのは、元ヤンキースのマリアノ・リベラだ。昨季限りで引退した右腕は、歴代最多の652セーブを記録。誰もが史上最高のクローザーと認める存在だが、上原がこの4年と2か月で残してきた数字も遜色ないものだという。

 記事では以下のようなデータを紹介している。

「リベラは35~39歳の5年間で、実に331試合、361回2/3に登板している。その期間、WHIP(1イニング当たりの安打+四球)0.904、9イニング当たりで打たれたヒット6.67本、1四球を与えるまでに奪った三振6.07個、対戦したバッターの25.4%から三振を奪い、防御率1.89を記録している。そして、最も驚異的なのは、それぞれの数字がその前の5年間を上回っていることだ」

 史上最高のクローザーが30代後半にして残した成績は、まさに驚異的と言える。では、上原はどうなのか。同じように記事で紹介されているデータは以下の通りだ。

「レッドソックスのクローザーであるコウジ ウエハラは現在、39歳シーズンを過ごしている。35歳シーズン(2010年)から木曜日(14セーブ目を挙げた12日のインディアンス戦)までの間、彼は246試合(248イニング)に登板。WHIP0.706、9イニング当たりで打たれたヒット5.26本、1つの四球を与えるまでに奪った三振10.77個、対戦したバッターの35.2%から三振を奪い、防御率1.78を記録している」

 どの数字をとっても遜色ない。いや、むしろリベラをも上回っていることが分かる。

 2009年の渡米直後、上原はオリオールズで先発としてキャリアをスタートさせた。12試合で防御率4.05、WHIP1.245。スターターとしての成績は、平凡なものと言えるだろう。ただ、リリーフに転向してからの活躍は、メジャー史上に残るほどの素晴らしいものだ。

人気記事ランキング