野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • パドレス戦に先発したメッツ・松坂が、腹痛のため緊急降板

パドレス戦に先発したメッツ・松坂が、腹痛のため緊急降板

メッツの松坂大輔投手(33)がニューヨークでのパドレス戦に先発したが、1回17球を投げたところで緊急降板した。球団発表によると、激しい腹痛のためだという。

20140616_matsuzaka

1回を投げ終えたところで降板となった松坂

 メッツの松坂大輔投手(33)がニューヨークでのパドレス戦に先発したが、1回17球を投げたところで緊急降板した。球団発表によると、激しい腹痛のためだという。
 
 松坂は1回、先頭のウィル・ベナブルに四球を与えた。続くエバース・カブレラは送りバント。1塁走者のベネブルは3塁を狙ったが、これは暴走となりタッチアウト。ピンチを防いだ。続き3番のセス・スミスにも四球を与えたところで、メッツのコリンズ監督らが松坂の曇っていく表情に気がつき、トレーナーと通訳とマウンドへ向かった。

 ここでは交代せず、松坂は4番のチェイス・ヘドリーを一塁ゴロにとって無失点で抑えたが、ベンチに戻るまでの足取りは非常に重く、症状の重さをうかがわせた。メッツのブルペンは慌てて準備し、2回からは右腕のカルロス・トーレスが登板した。

 松坂は前回10日のブルワーズ戦で先発した試合では、6回に右太もも上部に打球が直撃するアクシデントに見舞われたが、ナ・リーグ中地区の首位チームを相手に6回3安打1失点、5奪三振で3勝目をマーク。先発ローテション定着に大きく前進していた。メッツはローテーション投手がけがと不調で不足している。

 松坂の今回の降板は筋肉などのメカニックな負傷ではないため、長期離脱にはならない模様だが、一日でも早い復帰を願いたい。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング