【米国はこう見ている】痛恨の被弾で3敗目を喫した田中将大に辛辣なニューヨークメディアの洗礼! 相手打者は「愚か」と侮辱的な言葉を発する
2014.06.29
ヤンキースの田中将大投手は28日(日本時間29日)のレッドソックス戦で9回2失点と力投したが、1-2で今季2敗目を喫した。この一戦で、決勝ホームランを打った相手のマイク・ナポリ内野手に酷い侮辱を受けたことが分かった。
20140629_napori

photo Getty Images

田中の判断ミスがヤンキースの1戦を犠牲にした

 ヤンキースの田中将大投手は28日(日本時間29日)のレッドソックス戦で9回2失点と力投したが、1-2で今季3敗目を喫した。この一戦で、決勝ホームランを打った相手のマイク・ナポリ内野手に酷い侮辱を受けたことが分かった。ESPNが「田中の判断ミスがヤンキースの1戦を犠牲にした」という見出しで特集している。

「マサヒロタナカにとって、成長曲線はまだ先がある。そして、適応期間はまだまだ終わったとは言えない。11勝3敗で防御率2・10。ア・リーグ新人王最有力候補でサイ・ヤング賞候補だが、土曜夜のヤンキースタジアムで、素晴らしいパフォーマンスはたった1球、たったの1つの決断で台無しになってしまった」。

 特集では田中の投じた一球にスポットライトを当て、こう記している。

 田中は9回2死走者なしで打席にナポリを迎えた。6年連続でホームラン20本以上を打っている強打者だが、2回に四球を選んだ以降の2打席は田中のスプリットに全くタイミングがあわずに空振り三振を喫していた。しかし、ルーキー右腕が勝負所で選択したのは、その“宝刀”ではなく、結果として痛恨の決勝ソロを食らった。

「前の2打席でマイク・ナポリを嘲笑っていたスプリットを投げることを控え、ファストボールを投げた田中の決断がヤンキースの試合を犠牲にした」

 記事では、その配球を厳しく批判している。

 ナポリに痛打されたのは4球目。ブライアン・マッキャン捕手は1ボール2ストライクと追い込んでから真っ先にスプリットを要求したが、エースは首を横に振った。女房役は次にスライダーを要求したが、これにも田中は賛同せず、ファストボールを選んだ。だが、ナポリも速球を待っていた。この日最速となる154キロの高めへの速球を強烈なライナーで右翼スタンドに運ばれた。



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月