野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • メジャーに大衝撃を与えた電撃トレードの舞台裏 1989年以来となる世界一に向けアスレチックスが“超本気”

メジャーに大衝撃を与えた電撃トレードの舞台裏 1989年以来となる世界一に向けアスレチックスが“超本気”

メジャー最高勝率を誇るアスレチックスが、1989年以来となる世界一獲得に向けての本気度の高さを見せた。トレード期限まで3週間以上もある7月5日、カブスとの大型トレードを敢行した。

20140706_bean

カブスがローテ2本柱をアスレチックスに放出した理由

 メジャー最高勝率を誇るアスレチックスが、1989年以来となる世界一獲得に向けての本気度の高さを見せた。

 トレード期限まで3週間以上もある7月5日、カブスとの大型トレードを敢行した。“ブロックバスター(大ヒット)”と呼ばれる大トレードでアスレチックスが獲得したのは、カブスのエース右腕ジェフ・サマージャと勝ち頭ジェイソン・ハメルの先発ローテ2本柱。その代償として手放したのが、アスレチックスでは若手有望株ナンバーワンの遊撃手アディソン・ラッセル、右腕ダン・ストレイリー、昨年ドラフト1巡の外野手ビリー・マッキニーだ。これに加え、後日もう1人選手をカブスに送るか、金銭を送るかで調整をすることになっている。

 このトレードがメジャー球界に大きな衝撃を与えた理由は2つある。

 1つ目は、サマージャとハメルが同じトレードで1つの球団へ移籍したことだ。

 チーム再建中のカブスは、開幕前から優勝争いができるようになるのは2016年以降、という趣旨の発言を繰り返していた。今季は昨季よりも勝ち星を伸ばしているが、それでもナ・リーグ中地区では最下位。今季終了後に3度目の年俸調停権を得るサマージャ、フリーエージェント(FA)になるハメルの2人は、好成績を残しているだけに、早い段階からシーズン途中のトレード放出が予想されていた。

 だが、どちらか1人を獲得するだけでも、カブスは必ずトップレベルの若手有望株を1人ないしは2人要求する。だからこそ、1球団が2人を同時獲得するという発想を持った人物は、ほぼ皆無だった。この点に関して、カブスのセオ・エプスタイン球団社長は、こう説明している。

人気記事ランキング