野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地元紙が力投報われなかった松坂大輔に同情 「2人の松坂がいれば」

メッツ・松坂は勝利投手の権利を得て降板したが、救援投手が逆転を許し今季4勝目を逃した。地元紙ニューズ・デー(電子版)は「ブルペンが松坂大輔を失望させた」との見出しで、力投が報われなかった右腕に同情した。

full-count3

ブルペンが松坂大輔を失望させた

 メッツの松坂大輔投手が7日(日本時間8日)、本拠地でのブレーブス戦に先発登板し、今季自己最長となる7回を6安打無失点に抑える好投を見せた。勝利投手の権利を得て降板したが、救援投手が逆転を許し今季4勝目を逃した。地元紙ニューズ・デー(電子版)は「ブルペンが松坂大輔を失望させた」との見出しで、力投が報われなかった右腕に同情した。

 前回の登板で5失点と打ち込まれたブレーブスに対し、毎回のように走者を背負いながら、要所を締めて7回まで2-0のリードを守ってマウンドを降りた。松坂は「8回も投げたかった」と続投するつもりだったが、球数が100球に達していたため、メッツは8回からブラック投手を投入。これが誤算で、この回3点を奪われ逆転された。

 記事では「メッツに2人の松坂がいなかったのが痛かった。8回にリリーフのDICE-Kが出ていれば、先発のDICE-Kに白星を送れただろう」と冗談めかしながら、ブルペンのふがいなさを責めている。松坂は先発に復帰する6月中旬過ぎまで、防御率2点台前半とリリーフで好投を続けていた。この日は自らが投げた試合で、「リリーフ松坂」不在の大きさを痛感する結果となった。

 チームは延長11回に粘ってサヨナラ勝ちを収めたが、ブラック投手は「最後に勝てたのは良かった。だが、ダイスケが好投したからリードを守れなかったのは残念」と責任を痛感。コリンズ監督は「ダイスケはいい仕事をした。8回までは理想的な展開。このような試合を落とすわけにはいかなかった」と、胸をなで下ろした。

 この試合前まで先発3連敗中で、2試合連続5失点と結果が出ていなかった松坂。地元メディアが「一時の輝きが色あせ始めた」と報じるなど周囲の評価が急落していたが、今季最高の投球で雑音を一蹴。6月10日以来の白星を得られなかったものの、信頼を取り戻した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング