野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー&ジーターがメジャー史上初の快挙を達成!?

イチロー&ジーターがメジャー史上初の快挙を達成!?

ヤンキースのイチロー外野手(40)は7日(日本時間8日)のインディアンス戦(5-3勝利)で3安打の活躍を見せ、2試合連続の猛打賞と絶好調だが、前日6日のツインズ戦(9-7勝利)でデレク・ジーター主将(40)とともにメジャー史上初の快挙を達成していたことが分かった。

ヤンキース

40代の2選手が同時に3安打以上はMLB史上初!

 ヤンキースのイチロー外野手(40)は7日(日本時間8日)のインディアンス戦(5-3勝利)で3安打の活躍を見せ、2試合連続の猛打賞と絶好調だが、前日6日のツインズ戦(9-7勝利)でデレク・ジーター主将(40)とともにメジャー史上初の快挙を達成していたことが分かった。米スポーツデータ分析会社「エリアス・スポーツ・ビューロー」が発表した。

 今年10月22日に41歳になるイチローはツインズ戦で8番ライトで先発し、4打数3安打2得点と活躍。一方、今季限りでの引退を表明しているジーターは2番ショートで先発し、4打数3安打2打点と輝いた。

 エリアス・スポーツ・ビューローによると、40代の2選手が同じ試合で3安打以上の活躍を見せたのはMLB史上初の快挙だったという。40歳を迎えてなお、第一線で結果を出せる鉄人が同じチームに2人も存在することは長いメジャーの歴史でも希有ということなのだろう。

 さらにイチローは翌7日のインディアンス戦で2試合連続の3安打と活躍し、打率を3割4厘にまで上げた。ライトのポジションを分け合っていたアルフォンソ・ソリアーノ外野手が戦力外となったことで、スタメンの座を盤石のものにした。一方、オールスターに選出されたジーターも打率2割7分2厘と奮起している。

 ヤンキースは45勝43敗で、ア・リーグ東地区3位だが、首位オリオールズとは3・5ゲーム差。大混戦の東地区で、2年ぶりのプレーオフ進出の可能性を大いに残している。メジャーで様々な歴史を刻んできた“不惑コンビ”の今後の活躍がピンストライプの名門の浮沈の鍵を握ることになりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング