野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 田中将大が開幕3か月で故障者リスト入り 主な日本人メジャーリーガーの初のDL入りとその影響

田中将大が開幕3か月で故障者リスト入り 主な日本人メジャーリーガーの初のDL入りとその影響

ヤンキースは9日(日本時間10日)、田中将大投手が右肘の炎症のために15日間の故障者リスト(DL)入りしたことを発表した。ジョー・ジラルディ監督は「肘の検査を受けたことでそれなりの懸念はある」としながらも、まだ故障に関しての詳細な診断結果は出ていないと説明している。また、田中が肘の痛みを訴えたのは初めてとも話しており、どの程度の負傷なのかが心配されている。

full-count12

イチローや松井秀喜も経験したDL入りとは

 ヤンキースは9日(日本時間10日)、田中将大投手が右肘の炎症のために15日間の故障者リスト(DL)入りしたことを発表した。ジョー・ジラルディ監督は「肘の検査を受けたことでそれなりの懸念はある」としながらも、まだ故障に関しての詳細な診断結果は出ていないと説明している。また、田中が肘の痛みを訴えたのは初めてとも話しており、どの程度の負傷なのかが心配されている。

 このDLとは「Disabled List」の略で、ドクターの診断により、怪我等でプレーできない状態の選手を登録するリストのこと。15日間と60日間の2種類があり、故障した選手をロースターに残したまま、代替選手をマイナーなどから補充することができる。DL入りした選手はその期間内は試合に出場できないが、マイナーリーグにリハビリ目的で出場することは可能となる。

 これまで海を渡った日本人メジャーリーガーも経験してきたことだが、渡米後最初のDL入りはどのタイミングだったのか。

 ヤンキースなどでプレーした松井秀喜外野手は2006年5月にレフトの守備で左手首を骨折し、メジャー4年目で初のDL入り。約4か月間のリハビリを経て復帰した。

 また、イチロー外野手はマリナーズ時代の2009年4月に胃潰瘍のためにメジャー9年目にして初めてのDL入り。周囲も騒然となった。その年は日本代表として3月に第2回WBCに出場し、日本の連覇に貢献。その重圧は体に相当な負担をかけていたに違いない。

早めの対処がその後の好成績につながったケースも

 一方、投手を見ていくと、レンジャーズのダルビッシュ有の初のDL入りはメジャー2年目の昨年7月だった。背中付近の僧帽筋の張りが原因で、そのためオールスターの登板もできなかったが、7月中に復帰。復帰戦となったヤンキース戦では7回途中まで投げて無失点と好投し、9勝目を挙げている。

 また、松坂大輔投手はレッドソックス時代のメジャー2年目の2008年5月に右肩を痛めてDL入り。シーズン開幕から好調を維持していたため、苦渋の決断だった。ただ、松坂は大事を取った結果、復帰後も好投を続けることができ、この年18勝3敗、防御率2・90という好成績を収めている。

 黒田博樹投手はドジャース時代のメジャー1年目、2008年6月に右肩の炎症でDL入り。これも大事を取って早めに治療した結果、7月2日のアストロズ戦で復帰し、復帰2戦目の同7日のブレーブス戦ではあと少しで完全試合という好投を見せ、1安打完封勝利を挙げている。

 これらは主なケースではあるが、上記の3投手はいずれも早い段階で対処し、その後の好成績につなげている。田中の場合は果たしてはどのような結末が待っているのか。

 今年ヤンキースに加入した田中はメジャーデビューから驚異的な活躍を見せ、名門をけん引。開幕から14試合は11勝1敗、防御率1・99。その後の4試合で1勝3敗と調子を落としたが、12勝はア・リーグトップ、防御率2・51もリーグ3位と十分に誇れる数字だ。エースとして期待を受ける田中が長期離脱となれば、ヤンキースも大ダメージを受けることは必至。開幕3か月でDL入りすることになった右腕が軽傷であることを祈るばかりだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング