野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 米メディアも「輝ける星であり続けた」田中将大の離脱に補強の必要性を訴える トレード要員には黒田博樹の名前も

米メディアも「輝ける星であり続けた」田中将大の離脱に補強の必要性を訴える トレード要員には黒田博樹の名前も

ヤンキースの田中将大投手が右肘靭帯の部分断裂で全治6週間と診断されたことで、地元メディアは2年ぶりのプレーオフ進出に向けた補強の必要性を指摘。開幕時の先発ローテーション5投手で唯一残っている黒田博樹投手もトレード要員として挙げている。

ヤンキース

ヤンキースにとって最高のシナリオとは?

 ヤンキースの田中将大投手が右肘靭帯の部分断裂で全治6週間と診断されたことで、地元メディアは2年ぶりのプレーオフ進出に向けた補強の必要性を指摘。開幕時の先発ローテーション5投手で唯一残っている黒田博樹投手もトレード要員として挙げている。ESPNが「速報 田中が6週間離脱」という見出しで特集している。

 記事では「3人の専門家が、田中がトミー・ジョン手術を回避できるかもしれないと考えていることはポジティブなことだ。これにより、ヤンキースは一大悲劇の寸前で留まることができた」と伝える一方で、「凡庸なシーズンでタナカは輝ける星であり続けた。彼はヤンキースの現在であり、未来を象徴している。肘の状態が良くないことは大きな懸案事項だ」とヤンキースと田中の将来を案じている。

 現状における最高のシナリオは田中が6週間でリハビリを終えて再びサイ・ヤング賞候補に相応しいピッチングを見せ、8月には広背筋の肉離れから復帰する見通しのマイケル・ピネダ投手とともにチームを牽引することだという。そうなれば、ヤンキースもプレーオフ進出を果たして今季限りで引退するデレク・ジーター遊撃手の花道を飾れる可能性も出てくる。

 一方、最悪のシナリオは田中のリハビリが当初予定の6週間をオーバーし、回復が見込まれずにトミー・ジョン手術に踏み切ること。「こうなれば2015年の復帰も難しい。ヤンキースにとっても悪夢だ」と記事では分析している。

人気記事ランキング