野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

横浜DeNA梶谷がまたもサイクルヒットを逃すも奇跡の数字が並ぶ!?

11日に行われたヤクルトとの一戦で、DeNAの梶谷隆幸外野手が惜しくもサイクルヒットを逃した。二塁打を打てば達成、という場面で迎えた8回の第5打席。打球は快音を残して左中間へ飛び、そのまま打球はスタンドイン。サイクルヒットは幻に終わった。

DeNA

やはり難しいサイクルヒットの達成

「あー、入っちゃった……」

 これが神宮球場に詰めかけたDeNAファンの感想だった。

 7月11日。横浜DeNAの1番バッター・梶谷隆幸外野手(25)が惜しくもサイクルヒットを逃した。

 第1打席は左中間三塁打。第2打席はレフト前ヒット。第3打席はライトスタンドヘ8号ソロ。第4打席は三振……。

 迎えた8回の第5打席は、快音を残して、再び左中間へ。フェンスに当たるかもしれないライナーで痛烈な当たりを運んだが、そのまま打球はスタンドイン。持ち前のパワーとスイングスピードが功を奏した形(?)になったが、サイクルヒットは幻に。ファンにとってはうれしいやら、悲しいやらの2本塁打目となった。

 9回に回ってきた第6打席ではライト前ヒットで記録達成はならず。

 当の本人。梶谷はヒーローインタビューでこのように答えた。

「いっぱいご飯食べててよかったです。やっぱりホームランの方がうれしいです」

「ご飯を食べて」という表現で自分自身にパワーがついたことを強調するように、満足そうに振り返った。

 11日の結果は、6打数5安打4打点3得点2本塁打1三振。サイクルヒットを逃したが、6-5-4-3-2-1……。ある意味、こちらのミラクルの方がサイクルを達成することよりも難しい(?)のではないだろうか。

 数字のミラクルの話はここまでとして、やはりサイクルヒットは難しい。もし、梶谷が実現していたら、2008年9月3日、大阪ドームでの巨人対広島戦で小笠原道大内野手が達成して以来、6年ぶりの快挙となっていた。しかも、梶谷は昨年もサイクルヒットをあと一歩のところで逃している。

人気記事ランキング