野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • オリックス退団のベタンコートは日本プロ野球をナメていたのか? 過去にもいたお騒がせ助っ人たち

オリックス退団のベタンコートは日本プロ野球をナメていたのか? 過去にもいたお騒がせ助っ人たち

マリナーズ、ブルワーズなどでプレーし、「メジャー80発男」の触れ込みでオリックスに入団したユニエスキー・ベタンコート内野手(32)がオリックスから契約を解除された。

オリックス

無断で帰国した史上最悪の外国人選手

 マリナーズ、ブルワーズなどでプレーし、「メジャー80発男」の触れ込みでオリックスに入団したユニエスキー・ベタンコート内野手(32)がオリックスから契約を解除された。

 開幕戦は4番に起用されたが、打撃不振で二軍落ち。ファームでもプレーに対する意欲が見られなかった。7月2日に両足外反母趾治療のため、帰国。手術をしたが実戦復帰まで時間がかかるとされて、オリックスはウエーバー公示を申請した。18試合で打率は.141。チームが好調であることは救いだが、後味の悪い退団となった。

 これまでも、お騒がせ外国人選手は数多くいた。

 1973年にヤクルトが獲得したペピトーン。メジャーではヤンキースなどで活躍し、ゴールドグラブを受賞したこともある一塁手だった。しかし6月に初来日後、球団がペピトーン・デーとして開催を計画した試合を体調不良で欠場し、夫人との離婚訴訟があるとして無断帰国。8月に戻ってきたが、すぐにアキレス腱を痛めてまたもや戦線離脱した。9月には治療を理由で無断帰国してしまった。

 アキレス腱を痛めたにも関わらず、六本木などのディスコやクラブで踊って遊ぶなどの行為も目撃されていたという。“悪行”はこれにとどまらなかったというから、史上最悪の外国人選手と呼ばれている。

 ダイエー(現ソフトバンク)には、ケビン・ミッチェルという外野手がいた。サンフランシスコ・ジャイアンツ時代の1989年に47本塁打、125打点でナショナル・リーグMVP、打点王、本塁打王を獲得するなど、バリバリのメジャーリーガーだった。1995年に来日し、西武との開幕戦では初打席初本塁打となる満塁アーチを放ち、派手なデビューを飾った。しかし、その後は怪我や2度の無断帰国があり、37試合の出場にとどまった。推定年俸4億円以上とされたが、解雇。年俸の全額支払いを要求し、裁判沙汰となった。

人気記事ランキング