野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローに再び試練!? ヤンキースが外野手の補強に本腰

イチローに再び試練!? ヤンキースが外野手の補強に本腰

ヤンキースが右打ちの外野手の補強に本格的に乗り出していると、CBSスポーツが報じた。本命はツインズのジョシュ・ウィリンハムで、他にも複数の選手の名前が挙げられている。スクープを連発する名物記者のジョン・ヘイマン氏による記事で、信憑性は高いと言えそうだ。実現すれば、イチロー外野手はまたも厳しい立場に追い込まれることになる。

ヤンキース

本命はツインズのジョシュ・ウィリンハム

 ヤンキースが右打ちの外野手の補強に本格的に乗り出していると、CBSスポーツが報じた。本命はツインズのジョシュ・ウィリンハムで、他にも複数の選手の名前が挙げられている。スクープを連発する名物記者のジョン・ヘイマン氏による記事で、信憑性は高いと言えそうだ。実現すれば、イチロー外野手はまたも厳しい立場に追い込まれることになる。

 記事によると、ヤンキースはレンジャーズのアレックス・リオス、フィリーズのマーロン・バードらも獲得候補としているが、ウィリンハムが本命だという。ウィリンハムは今季の年俸700万ドル(約7億1400万円)とお買い得で、シーズン終了後にはフリーエージェント(FA)となる。ヤンキースにとってはリスクの少ない補強だ。

 キャッシュマンGMは先日、ESPNのラジオに出演した際に、補強に動くことを明言していた。先発投手陣には怪我人が続出し、開幕からローテーションを守り続けているのは黒田博樹だけという状況だが、ブランドン・マッカーシーやクリス・カプアーノの補強、ルーキーのシェーン・グリーンの奮闘などで、持ちこたえている。逆に同GMは打線を「シーズンを通じて貧弱」と酷評し、補強の必要性を訴えていた。そのターゲットをウィリンハムに絞ったということのようだ。

 ウィリンハムは今季序盤、手首の骨折で離脱して57試合の出場にとどまっている。打率2割1分9厘、10本塁打、29打点と物足りない数字に見えるが、ヘイマン氏の記事では、ウィリンハムが現在のターゲット・フィールド、アスレチックス時代のオークランド・コロシアム、マーリンズ時代のプロ・プレイヤー・スタジアム(当時)と、常に投手有利の球場を本拠地にしてきたことを指摘。骨折から復帰した現在は体の状態も良く、メジャー屈指の「ヒッターズパーク」として知られるヤンキースタジアムなら、打撃成績が上がることが期待できる。

人気記事ランキング