野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤンキースとレッドソックスの間で17年ぶりに“禁断”のトレードが成立

2年ぶりのプレーオフ進出を目指すヤンキースが1997年以来となる宿敵レッドソックスとの“禁断”のトレードで、スティーブン・ドリュー遊撃手を獲得した。ヤンキースはドリューと50万ドルを手にする代わりに、ケリー・ジョンソン内野手を放出。ドリューとダイヤモンドバックスから獲得したマーティン・プラド内野手のためのロースター枠を空けるために、ブライアン・ロバーツ二塁手を戦力外とした。

full-count10

ヤンキースがレッドソックスのスティーブン・ドリューを獲得

 2年ぶりのプレーオフ進出を目指すヤンキースが1997年以来となる宿敵レッドソックスとの“禁断”のトレードで、スティーブン・ドリュー遊撃手を獲得した。

 ヤンキースはドリューと50万ドルを手にする代わりに、ケリー・ジョンソン内野手を放出。ドリューとダイヤモンドバックスから獲得したマーティン・プラド内野手のためのロースター枠を空けるために、ブライアン・ロバーツ二塁手を戦力外とした。

 今季開幕前にヤンキースはレッドソックスでFAとなっていたジャコビー・エルズベリー外野手を獲得。レッドソックスのファンはエルズベリーがヤンキースと契約当初「裏切り者」と激しく非難した。

 その不倶戴天の天敵同士でトレードが成立したのは1997年8月13日にヤンキースがマイク・スタンリーとランディー・ブラウンを獲得し、トニー・アルマスジュニアをレッドソックスに放出した時以来だという。MLB公式サイトによると、実に17年ぶりとなる“禁断”のトレード実現の経緯について、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMはこう語っている。

「ドリューのトレード話は今日になって起きた。ボストンがトレードに動き出して、チーム編成を大きく変えようとした時に、私から提案した。彼らが一旦(主力放出の)動きを表明した時に、ベン・チェリントン(レッドソックスGM)にメッセージを出した。そこから、素早く交渉がまとまった」

人気記事ランキング