野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • なぜレッドソックスは上原浩治をトレードに出さなかったのか 球団GM「彼をキープすることはとても重要だった」

なぜレッドソックスは上原浩治をトレードに出さなかったのか 球団GM「彼をキープすることはとても重要だった」

レッドソックスのベン・チェリントンGMがクローザーの上原浩治投手を7月31日のトレード期限までに放出するつもりが全くなかったとする考えを明かした。地元紙プロビデンス・ジャーナルが「なぜレッドソックスはコウジ・ウエハラのトレード(成立)に近づかなかったのか」と題して報じている。

20140807_uehara

主力が大量放出される中で残留した上原

 レッドソックスのベン・チェリントンGMがクローザーの上原浩治投手を7月31日のトレード期限までに放出するつもりが全くなかったとする考えを明かした。地元紙プロビデンス・ジャーナルが「なぜレッドソックスはコウジ・ウエハラのトレード(成立)に近づかなかったのか」と題して報じている。

 昨季のワールドシリーズ覇者はア・リーグ東地区最下位に沈む大不振に陥り、来季以降の立て直しに向けて主力をトレード期限までに大量放出した。今オフに契約が切れてフリーエージェント(FA)となる最強守護神もトレード候補の1人と見られていたが、レッドソックスは他球団からのオファーを受けることはなかった。同紙は「レッドソックスがコウジ・ウエハラをトレードするような雰囲気は全くなかった」との書き出しで、その理由に迫る記事を掲載している。

 トレード期限から6日後のカージナルス戦前に取材に応じたチェリントンGMは「彼をキープすることはとても重要だと我々は考えた」と明かしたという。「我々を吹き飛ばすような何かが起これば、あるいは、それ(上原の放出)を考えたかもしれない。そうはならなかったということだ」。最強守護神を放出することでレッドソックスが受けるダメージは甚大だ。よほどのオファーでない限り、そのダメージには見合わないと考えたのだろう。

 レッドソックスはエース左腕のジョン・レスターを筆頭に、ジョン・ラッキー、ジェイク・ピービ-、フェリックス・ドゥブロンと4人の先発投手をトレードに出した。さらに、ブルペンで重要な役割を果たしていたアンドリュー・ミラーも放出。今季限りでFAとなる選手を中心に、まさに「ファイヤーセール」を実施したが、上原だけは違った。同紙は「上原のようにFAが迫っている選手を残留させるには、繊細な理由がある」と言及。実際に、同じように今オフにFAとなるミラーは同地区のオリオールズにトレードされたことにも触れている。

人気記事ランキング