怒とうの勢いで首位を独走 ソフトバンクを支える「9人ローテ制」の強みとは
2014.08.11
ソフトバンクの勢いが止まらない。10日の日本ハム戦(ヤフオクD)は大谷翔平を打ち崩し、最後は松中信彦の劇的な決勝打で勝利を収めた。今季最長を更新する8連勝を達成。貯金は今季最多の26まで伸ばし、2位のオリックスとの差は4・5ゲーム差まで開いた。この8連勝の前には、6連勝しており、オールスター明けは15勝3敗と驚異的なペースで白星を積み重ねている。この快進撃、一風変わった「9人ローテ制」が支えている。
full-count3

オールスター明けは15勝3敗で今季最多の貯金26

 ソフトバンクの勢いが止まらない。10日の日本ハム戦(ヤフオクD)は大谷翔平を打ち崩し、最後は松中信彦の劇的な決勝打で勝利を収めた。今季最長を更新する8連勝を達成。貯金は今季最多の26まで伸ばし、2位のオリックスとの差は4・5ゲーム差まで開いた。着々と、独走態勢を築いていると言っていいだろう。

 そのソフトバンク。後半戦に入って、圧倒的な強さを見せている。この8連勝の前には、6連勝しており、オールスター明けは15勝3敗と驚異的なペースで白星を積み重ねている。この快進撃、一風変わった「9人ローテ制」が支えている。

 後半戦18試合での先発投手の内訳を見ると、スタンリッジ3、摂津3、中田3、飯田2、帆足2、大隣2、武田1、東浜1、岩嵜1となる。現状でローテを固定されているのは、火曜のスタンリッジ、金曜の摂津、土曜の中田の3本柱のみ。残りの6投手は、先発する当日に出場選手登録され、翌日には抹消される、いわゆる「投げ抹消」を繰り返す(例外もあるが)。抹消期間の10日間は最低でも登板間隔を空け、相手との相性なども考慮されて、次の登板機会を待つ状況となっている。

「3人以外はそう(抹消に)なります。本当は固定したいけど、出来ないでしょう。時期的にも優勝争いをしている中ではね」と、加藤伸一投手コーチは言う。だが、この、一見すれば、“ローテの谷間”とも思える6人が実はスゴイ。彼らが先発したのは、後半戦で9試合あり、その試合の勝敗は7勝2敗。6人で49イニングを投げて、自責点は11、防御率2・02の好成績をあげている。

 ネガティブにとらえれば、ローテを任せられるだけの投手がいないと捉えられるが、この成績を見れば、先発のやり繰りに苦しむ球団とはワケが違うことが分かる。ローテに入れるだけの力を持つ投手が9人いるという、他球団がうらやむような戦力層があると言ったほうがいいだろう。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月