野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 【今日のMLB日本人選手】ロイヤルズが8連勝で首位浮上 青木は代走で勝ち越しのホームを踏む

【今日のMLB日本人選手】ロイヤルズが8連勝で首位浮上 青木は代走で勝ち越しのホームを踏む

日本時間12日に行われたゲームでは2試合で日本人選手が出場。ブルージェイズの川崎宗則はマリナーズ戦に1番ショートで先発出場、ロイヤルズの青木宣親はアスレチックス戦で代走で途中出場した。

ヤンキース

川崎は振り逃げで出塁も4打数ノーヒット

○マリナーズ対ブルージェイズ(シアトル)

 ブルージェイズの川崎宗則はマリナーズ戦に1番ショートで先発出場。1回の第1打席はピッチャーゴロ、4回の第2打席はセカンドゴロに倒れ、6回の第3打席は振り逃げで出塁するも、9回の第4打席はサードライナーに倒れた。この日は4打数ノーヒット。チームも相手エースのヘルナンデスに7回3安打に封じられ、1-11と大敗を喫した。

川崎宗則 打率.274 本塁打0 打点8 盗塁0

○ロイヤルズ対アスレチックス(カンザスシティ)

 ロイヤルズの青木宣親は本拠地で行われたアスレチックス戦で2-2で迎えた7回に代走で途中出場。味方のタイムリーで勝ち越しのホームを踏んだ。これが決勝点となり、ロイヤルズは8連勝でア・リーグ中地区首位に浮上した。

青木宣親 打率.267 本塁打1 打点25 盗塁13

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング