野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • ダイヤモンドバックスの前田健太獲得の動きが加速!? メジャースカウトも「先発ローテで即戦力として活躍できる」と高評価

ダイヤモンドバックスの前田健太獲得の動きが加速!? メジャースカウトも「先発ローテで即戦力として活躍できる」と高評価

ダイヤモンドバックスが広島の前田健太投手(26)の獲得に乗り出す可能性を地元紙が報じている。地元紙アリゾナ・リパブリックのウェブサイト、azcentral sportsが「ダイヤモンドバックスが先発陣の強化に日本を視野に」との見出しで伝えた。

20140613_maeda

近年、日本人投手に熱視線を送るメジャー球団

 ダイヤモンドバックスが広島の前田健太投手(26)の獲得に乗り出す可能性を地元紙が報じている。地元紙アリゾナ・リパブリックのウェブサイト、azcentral sportsが「ダイヤモンドバックスが先発陣の強化に日本を視野に」との見出しで伝えた。

 今季先発陣の成績がナ・リーグで下から2番目と苦しんでいるDバックスにとって、来季補強の最大のポイントは先発陣の強化だという。最低でも1人の先発投手の補強が必要不可欠な状況だが、特集ではチームの資金面などの問題からメジャーのトップクラスのFA争奪戦を制することは難しく、トレードでエース級を獲得できるほどの人材も豊富とはいえない点を指摘している。

 ここで先発補強策として挙げられているのは、ポスティング制度を利用しての日本プロ野球からの補強だ。最近はキューバ市場を物色しつつ、先発ローテーションの1、2番手のタレントは日本市場から探すというのがメジャー各球団における国際戦略の目立った傾向となっているという。

 近年ではレンジャーズのダルビッシュ有投手、マリナーズの岩隈久志投手、ヤンキースの田中将大投手ら海を渡った日本人の先発投手がリーグを代表するエース級の働きを見せている。

 記事では、次は前田の番だとし、広島のエースのプロフィールも掲載。「日本の優秀なピッチャーの1人。昨季はタナカに次ぐ2番目に優れた投手と多くの人々から認められていた。広島での7年間で通算防御率は2・40。今季は126イニングを投げ、防御率2・29、102奪三振、31四球」と紹介した上で、「今年のトップのインポート物件は右腕のケンタ マエダになりそうだ。スカウト陣はそこまで圧倒的なピッチングを見せるとは予想していないものの、メジャーの先発ローテーションで即戦力として活躍できると予想している」と分析している。

「彼はどちらかというとローテーションの真ん中ぐらい(先発3、4番手)のタイプのよう。だが、タナカに関していうと、多くのスカウトがローテーションの2番手か3番手と評価していたが、彼の活躍は見ての通りだった。実際のところは分からない」というナ・リーグの球団スカウトのコメントも伝えている。

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMも田中獲得時に「堅実なローテーションの3番手」と評し、開幕時の先発ローテでは4番手だった。だが、田中は右肘を負傷するまで圧巻のピッチングを続け、ヤンキースの大エースと呼ぶに相応しい存在となった。

人気記事ランキング