野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 3年ぶりの躍進を目指す九州国際大付に気になるデータ 今夏の甲子園は頂点に手が届くか

3年ぶりの躍進を目指す九州国際大付に気になるデータ 今夏の甲子園は頂点に手が届くか

7試合7本塁打で福岡大会を見事制した九州国際大付(以下、九国)。2011年センバツ大会は三好、高城という後にプロ入りをする強打者がチームを牽引するも惜しくも準優勝。その2011年時のチームと現チームを比較すると、いくつかの共通点が浮かび上がる。

20140813_kyukoku2

2011年センバツ準優勝メンバーと共通点がある今年の九州国際大付

 7試合7本塁打で福岡大会を見事制した九州国際大付(以下、九国)。2011年センバツ大会は三好、高城という後にプロ入りをする強打者がチームを牽引するも惜しくも準優勝。その2011年時のチームと現チームを比較すると、いくつかの共通点が浮かび上がる。

【日替わりでヒーローが入れ替わり、計5名が本塁打】

 上位打線から下位打線まで本塁打を打てる打者がいて、相手投手が息つく暇もない。常に長打を放てるバッターをそろえているのが、九国打線の魅力だ。

○2011年センバツ準優勝メンバー 大会本塁打数

二 平原(2年)
中 安藤(3年)1本 初戦・前橋育英戦
投 三好(3年)2本 初戦・前橋育英戦/準決勝・日大三戦で2点先制本塁打
捕 高城(3年)1本 初戦・前橋育英戦で2点先制本塁打
右 龍 (2年)1本 初戦・前橋育英戦
一 花田(2年)1本 準々決勝・北海戦で8回勝ち越し本塁打
左 加藤(3年)
三 時吉(2年)
遊 石迫(2年)

 圧巻は、大会新記録となる初戦・前橋育英戦5回の2番安藤、3番三好、5番龍の1イニング3本塁打だ。

○2014年予想スタメン 福岡大会での本塁打数

二 中尾(3年)
右 河口(3年)
遊 古澤(3年)2本 3回戦・飯塚戦でダメ押し本塁打/準々決勝・福岡工大城東戦で3点本塁打を含むサイクル安打を記録
捕 清水(3年)1本 初戦・西田川戦で2点先制本塁打
中 疋田(3年)1本 初戦・西田川戦でダメ押し本塁打
三 山本(2年)2本 4回戦・嘉穂東戦でダメ押し本塁打/準々決勝・福岡工大城東戦で2試合連続本塁打
左 岩崎(2年)1本 準決勝・自由ケ丘戦で先制本塁打
投 安藤(3年)
一 手塚(3年)

 2014年夏のハイライトは、準々決勝・福岡工大城東戦における3番古澤のサイクル安打。初回に先制打となる三塁打、3回に二塁打、4回に3点本塁打の後、ねらいすました中前安打で締めくくった。

【2名のプロ注目打者】

 2011年は、中軸を打つ三好(楽天)-高城(DeNA)のバッテリーがプロ入りした。今夏も3番遊撃手・古澤と4番捕手・清水のプロ入りが期待されている。古澤は、中学の時、九国の1イニング3本塁打に衝撃をうけ、滋賀県から九国の門を叩き、技術を磨いた。共に主将で4番、捕手として大会初戦に先制本塁打を放ち、チームを勢いづけた高城と清水。清水はプロに進んだ先輩高城の背中を追い、今夏の甲子園でもチームを引っ張る。

 14日の初戦・東海大四戦でもし強力打線が爆発するようであれば、その後も波に乗ること間違いなし。ドラフト候補の古澤、清水の活躍が躍進のカギを握るだろう。

(原稿提供:Baseball Nine)

濱中隆志●文 text by Takashi Hamanaka

人気記事ランキング