野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2勝目を挙げた和田が着々と評価を上げる カブス監督も「彼は打者を幻惑する術を持っている」

カブスの和田毅投手が13日(日本時間14日)のブリュワーズ戦で先発。6回2/3を投げて5安打1四球5奪三振で2失点と2試合連続となるクオリティ・スタート(6回以上を投げ、自責3以内)を達成し、今季2勝目を手にした。33歳のベテラン左腕はカブスのリック・レンテリア監督から激賞されている。

full-count3

ホイヤーGMも「相手を間違いなく幻惑していた」と称賛

 カブスの和田毅投手が13日(日本時間14日)のブリュワーズ戦で先発。6回2/3を投げて5安打1四球5奪三振で2失点と2試合連続となるクオリティ・スタート(6回以上を投げ、自責3以内)を達成し、今季2勝目を手にした。33歳のベテラン左腕はカブスのリック・レンテリア監督から激賞されている。MLB公式サイトが報じている。

「彼は自らの使命を力強く果たし、自分のピッチングをした。彼は打者を幻惑する術を持っているようだ。彼の速球は88、89マイル(141~143キロ)と計測されていたが、打者にとっては違う。すごく優秀な打者にも対抗していた。彼の打者との駆け引きはすごく重要だった」

 指揮官はそう話し、この日の投球を高く評価。ジェド・ホイヤーGMも「(和田は)間違いなく幻惑していた」と称賛している。

 トミー・ジョン手術とその後のリハビリを経て今季初めてメジャーに這い上がった和田は2勝1敗で防御率は3・15。先発ローテーションにしっかりと定着する質の高いパフォーマンスをカブス首脳陣も絶賛している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング