野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4度、甲子園の地を踏んだ明徳義塾・岸潤一郎の未来図

明徳義塾のエースで4番、そして主将。3つの重責を背負った岸潤一郎の夏が終わった。強豪の大阪桐蔭にあと一歩、及ばなかった。しかし、最後はバットと言葉で見ている者の心に残るプレーヤーとなった。

阪神甲子園

打者としても評価が高い明徳義塾のエース

「最後まで僕があきらめちゃいけないと思い、必死で振りました。最終回も楽しみながら投げることもできた。甲子園には4度、来ることができた。心の中に(甲子園という場所を)残しておきたいと思います」

 明徳義塾のエースで4番、そして主将。3つの重責を背負った岸潤一郎の夏が終わった。

 19日の大阪桐蔭戦。4点を追った9回2アウト。走者を一塁に置き、甲子園最後となる打席が回ってきた。「みんなが僕に回そうとしてくれた」。そんな気持ちがうれしかった。仲間の期待を背負い、フルスイング。白球は大歓声とともに左翼席へと消えた。意地の2ランホームランだった。

 3対5。強豪の大阪桐蔭にあと一歩、及ばなかった。しかし、最後はバットと言葉で見ている者の心に残るプレーヤーとなった。

 投げては春夏の甲子園で6勝をマーク。本塁打を打ったのは4度の甲子園で初めてだった。鋭くコンパクトなスイング。本人もバッティングが好きで、プロのスカウトの中ではバッターとして評価をしている人も多い。

 そんな岸は、今後はプロではなく東京の大学に進学を希望しているという声も聞こえてくる。4年間、努力を積んで、さらにスケールアップをしてプロの世界にやってくるのだろう。

 今の実力があれば、大学1年生からリーグ戦に登板できるに違いない。この日見せたホームランのように、打者としても魅力がある。巨人の村田修一、中井大介、広島の堂林翔太らのように高校時代のエースから野手となりプロの舞台で戦う選手になるかもしれない。

 甲子園の土は持って帰らず、心にしまった。試合後に涙はなく、さわやかに甲子園の戦いを終えた。将来、どんな選択になるにせよ、甲子園を沸かせた岸の未来を応援していきたい。そう思わせるような選手だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング