野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3戦連発の驚異ルーキー森友哉が秘める可能性 「10年、20年とプレーできる能力を持った選手」

試合を振り出しに戻す森の代打同点本塁打は、高卒ルーキーとしては46年ぶりとなる、3試合連続本塁打となった。

西武ライオンズ

プロの目から見る森の活躍の要因

 8月16日、西武ライオンズ対日本ハムファイターズの10回裏、西武ベンチは代打に高卒ルーキーの森友哉を送った。試合はシーソーゲームとなり、10回表に日本ハムが陽岱鋼の本塁打で勝ち越し、西武は7-8とリードされ、崖っぷちの状況だった。

 代打に送られた森は、前日まで2試合連続本塁打を放っており、ファンにとってはたまらない場面。日本ハムのマウンドには、150キロを超える速球を武器とするセットアッパー・増井浩俊が上がっていた。1ボールからの2球目、真ん中高め、見逃せばボールかと思われる151キロの速球を森が振り抜くと、打球はセンターバックスクリーンに飛び込んでいった。

 試合を振り出しに戻す森の代打同点本塁打は、高卒ルーキーとしては46年ぶりとなる、3試合連続本塁打となった。


【動画】3試合連続本塁打となった森友哉の代打同点本塁打【プロ野球パ】

 大阪桐蔭高校時代には甲子園春夏連覇を経験、甲子園には4度出場し、打率.473、5本塁打を放った森は、2013年のドラフト1位で西武ライオンズに入団。7月27日に初めて1軍に昇格すると、プロ初打席から2打席連続安打をマーク。そして、この3試合連続本塁打を放つに至った。

 森の外連味ないバッティングに、既に心を掴まれているファンも多いだろう。なぜ、森はあれだけ思い切りの良いバッティングができるのか。そして170センチとプロ野球選手としては小柄な部類に入る体格にもかかわらず、あれだけ打球が遠くへ飛んでいく要因は何なのか。

 スポーツコメンテーターの飯田哲也氏はこう語る。

「森君は高卒1年目の選手ですが、技術的なレベルは既にかなり高いところにあります。体は小さいですが、パンチ力があり、そのパンチ力を生み出す早いスイングスピードを持っています。今は、高校生といってもトレーニングがとても発達しているので、打撃の技術が伸びる選手はどんどん伸びていきます。

 ピッチングマシンも150キロを超えるボールを投げることができますし、しっかりしたウエイトトレーニングも行っています。高校生でも、特にバッティングの技術に関しては、プロのレベルに対応できる環境が整ってきている、といえる側面はありますね。森君の打撃に関しては、技術的にある程度出来上がっていますし、起用方法などで、その力を存分に生かせているのだと思います」

人気記事ランキング