野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1か月以上勝ち星から遠ざかる「投手・大谷翔平」 不振の理由はどこにあるのか

開幕から好調なピッチングを見せ、7月16日に9勝目を挙げた日本ハム・大谷翔平投手だが、それ以降1か月以上勝利から見放されている。特に8月に入ってからは、3度の登板で0勝2敗、防御率も4.50と苦しんでおり、特に目立つのが20イニングで15というフォアボールの多さだ。

日本ハム

8月は0勝2敗、防御率4.50と苦しむ右腕

 開幕から好調なピッチングを見せ、7月16日に9勝目を挙げた日本ハム・大谷翔平投手だが、それ以降1か月以上勝利から見放されている。特に8月に入ってからは、3度の登板で0勝2敗、防御率も4.50と苦しんでおり、特に目立つのが20イニングで15というフォアボールの多さだ。

 順調な成長を見せてきた2年目の大谷が、ここに来て苦しんでいる理由はどこにあるのか。スポーツコメンテーターの飯田哲也氏はこう解説する。

「8月17日の西武戦に登板した大谷も見ましたが、上半身と下半身のバランスが合っていない印象を受けました。球速は出ていますが、ファールを打たせることができていません。ボールの回転、スピンの質が悪く、速球を前にはじき返されてしまっています。

 体のバランスが崩れているのは、間違いなく疲れだと思います。大谷は野手をやりながらの投手起用ですし、この夏場は野手でも毎日出場し続けるのは体力的に厳しいものです。普通の先発投手であれば、中5、6日空いてその間で休むことができますが、大谷の場合そこでも休まずに準備して試合に出ているので、しんどいとは思います。

 栗山監督も、西武戦の前に“今、大谷の状態は良くない”と話していましたが、疲労の蓄積で体のバランスが少し崩れているのではないかと思います」

 17日の西武戦では、初回に中村剛也から3ランを被弾し、その後もコントロールに苦しんで厳しいピッチングが続いていた。飯田氏はその投球についてもこう話す。

人気記事ランキング